Yumiko's poetic world

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

大英博物館古代エジプト展

 六本木ヒルズの古代エジプト展に行ってきました。目玉は、現在世界最長とされる『死者の書』の一挙公開。全長37メートル、精緻に描かれた線と色彩の整然とした群れは、圧巻です。
 『死者の書』とは19世紀のエジプト学者による命名で、実際には「(魂が)日のもとに出ていくため(の呪文)」と呼ばれていたとか。人間は死後どのような場所に行き、いかなる試練を経て「永遠の生」を手に入れるか、という、古代エジプト人の死生観、復活観が凝縮された美しい資料です。
 死後、死者は冥府の神オシリスの前で審判を受けます。40項目以上の「私は~をしなかった」という宣誓をしなければならないのですが、盗まなかった、詐欺を働かなかった、あたりはともかく、悪口を言わなかった、とか、誰も泣かせなかった、などになってくると、「普通の人間」には、ちょっと無理でしょう、という気もしてきます。同じことを古代エジプト人も心配していたようで、「私は~をしなかった」という宣誓の場で、もしウソをついてしまったとしても、自分の心臓が「この人間は虚偽の証言をしました」と言わないようにするための呪文、などというものまであるところが、実に人間くさくて親近感がわきました。
  「私は自分の心臓を食べなかった」という宣誓項目に驚きました。古代エジプトでは、悲嘆にくれることを、自分の心臓を食べる、と表現していたようです。今でも胸を引きちぎられるような悲しみ、というような表現をしますが、心臓を食べる、というイメージの鮮明さと、それは魂の復活を妨げるものである、という明確な意識がある、という部分に、非常に興味を覚えました。
 
d0264981_9473031.jpg
「死後の復活」を信じている世界において、死後の世界を語ることは、いかに生きるか、ということを語ることでもある。死後の世界が、生き方のクオリティーを支えている、と言ってもいいでしょう。世界中に様々な宗教・文化があり、それぞれに独自の死生観や復活観があります。類似している部分、異なっている部分を精査していくことで、生き方の文化の理解にもつながってくることのように思いました。
[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2012-07-25 09:48 | 美術展感想 | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by まりも
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite