Yumiko's poetic world

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

轡田隆史先生の文章講座

 轡田隆史先生の文章一日講座(朝日カルチャーセンター新宿校)を受講しました。三月の講座に引き続き、
二度目の受講です。

 ユーモアに満ちた語り口に笑いを誘われつつも、随所にちりばめられた卓見を聞き逃すまい、と思わず
身を乗り出してしまいます。リラックスしながらも、なおかつ適度な緊張に満ちた、充実した二時間でした。

 印象に残ったのは、「ものごと」と「自分」との関わりを、いかにして「切実な体験」へと昇華させていくか
という課題を自らに課し、それを楽しみながら実践しておられる轡田氏の「方法」の数々でした。

 「他者」や「物事」、「場所」と関係を持つ、ということは、意識しなければ「通りすがり」の、自分にとってなんら意味を持たない対象として過ぎ去ってしまうであろうはずのものを、あえて自分にとって「かけがえの
ないもの」「感動や感興を呼び覚ます対象」として自らに引き寄せ、自らの記憶、体験、として記憶していく
ことであるはず。それを、黙って待っているのではなくて、積極的に関係を作り出しましょう。
あるシチュエーションに自らを置いて、その際に「どんな気分」が生じるか、その未知を、わくわくしながら
待ちかまえましょう。やってみなきゃわからない。行ってみなきゃわからない。わからないことを、わからない
ままに面白がっちゃう、そんな余裕が、人生を豊かにするんですよ。その為に、僕はたとえばこんなことを
やっています、こんな方法もいいですね、と、具体的な方策を例に挙げて、わかりやすく、正直に、熱心に
伝えてくださる、そんな講義だったように思います。
 氏の具体的な実践の数々は、実際に轡田氏の講義を聴講するなり、著作を読んでいただくのが一番
なので、ここではご紹介しませんが、漫然と過ごしていれば忘れ去られてしまう記憶、無かったことに
なってしまう「時間」を、明らかに在ったものとして自らの心に、そして他者の心に記録していくことが
文章を書く最大の効用である。それは人生をより深く、より濃く味わい深いものにする実践である。
その素晴らしさに気づいてもらいたいから、僕は誰にでもできる方法を探究し、提案しているんですよ。
・・・そんな轡田氏の生き生きとした情熱を、間近で感じることができました。

 特に印象に残ったのは、自分自身を「演出」する気分で、という言葉。行動する自分(肉体)と、それを
命じたり観察したりする自分(精神)、その両者が明晰に意識されているのです。自分(肉体)を「感動」が
引き起こされるであろう場に「持っていく」。ただその場に「置く」のではなく、何らかのアクションを課し、
その結果、自分(肉体)の中に起こる様々な情動を観察する。まずはそれが第一段階。その感動を他者に
伝えたい!と思ったとき、それが自然に言葉になる。文章を書く、ということは、そういうことでしょう・・・
 
 関係を「取り結ぶ」「切り結ぶ」という厳しい語感の言葉が、さりげない調子で現れることにも驚きを覚え
ました。自分と「自分を取り巻く世界」との関係に常に真剣勝負で向き合っていなければ、こんな言葉は
思い浮かばないのではないでしょうか。その「感動」を伝えるために、いかなる創意工夫をするか。
そのために本を読む。様々な名文に触れ、時には表現を借り、他の人にわかりやすく伝わるよう心を砕く。
その苦労と達成感が、いわば文章を書く、ということの醍醐味なのでしょう。
d0264981_2348366.jpg

 絶え間なく問い続けること、それが生きるということではないでしょうか、と講義を締めくくられたのですが
問う、という積極性、能動性こそが、氏の生き方そのもののように感じました。
 聴く、感受する、という受動的な方法に徹する生き方もあるでしょう。でも、待っているのではなく、自分から出かけて行った方が、「関係」の生じる確率が高まります。もちろん、傷つく可能性が高まる、ということでもあるけれども・・・。問いかけること、自ら飛び込むことによって、「関係」を作り出す。その「関係」によって生じた「個人的な体験」を、良きにつけ悪しきにつけ、他者に伝えるときに必要となるのが「言葉」。
 講義後の雑談の際、「言葉は、親にもらったものでしょう」と何気なくつぶやかれたことも、強く印象に
残りました。言葉は、父祖伝来のもの、一つの民族の歴史と文化を担うもの、一個人の私物ではない、
という、言葉に対する明確な意識が背後に感じられたからです。 
 意識して「書こう」とするだけで、人生が味わい深くなる。書くことによって、今の自分が見えてくる。
そんな轡田先生の言葉を実践していくためにも、自分のペースで書き続けたい、そう思いました。
[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2012-09-16 23:56 | 随想 | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by まりも
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite