Yumiko's poetic world

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

詩を書くことは

詩をを書くことは
井戸を掘ることに似ている

一人暗闇の底でツルハシを振るう
自分の命が尽きるまでに
水脈を掘り当てることが出来るだろうか?
誰にも答えられない問を問い続けながら
徒労に終わるかもしれない井戸の底を
私はただ黙々と掘り続ける

地上には乾ききった大地が広がり
水を求める子どもらが
わずかな井戸の周りに群がり
手を差しのべ・・・
やがてため息をついて
家を捨てて散らばっていく

新しい井戸が必要なのだ
冷たく澄んだ水を吹き出す
大地の息吹を伝える井戸が
地の底に、いや、知の底に通じた
深く新しい井戸が

今さら地上に戻ったところで
私の欲しいものはない
はるかな谷川の水も
とうの昔に枯れ果てた
だから掘り当てるしかないのだ
冷たく澄んだ水を吹き出す
深く新しい井戸を

子どもらのうるおいに飢えたまなざしを
心に強く刻みながら
私はただ黙々と井戸を掘る
d0264981_9384023.jpg

時には
何もかも為す気が失せることがある
そんな時は
豆のつぶれた手を休め
かつて空のあった方をぼんやりと見やりながら
じっとりと湿った土壁に身をもたせかける

すると
ひんやりとした地肌を通して
かすかに
ツルハシをふるう音
ノミで岩を砕く音
シャベルで土を掻き出す音が
遠くかすかに土をふるわせながら
伝わってくる

私ひとりではない
そこかしこで黙々と
地の底で血をにじませながら
井戸を掘り続けるたくさんの人々
姿の見えない者たちの気配が
濃厚に伝わってくる

私ひとりではない
誰かがいつかどこかで
必ずや水脈にたどりつくだろう
その幸福を願いながら
私は今日も井戸の底で
ただ黙々と掘り続ける
[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2012-09-24 09:43 | 詩、エッセイ | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by まりも
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite