Yumiko's poetic world

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

陽だまり(『詩と思想詩人集2015』)

石が息をしていた
たどたどしい手つきで
タオルの上に寝かしつけて
娘が小さなふとんをかけてやる
添い寝する娘のかたわらで
ゆっくり育っていく河原の石

膨らんでいく石の腹に
記されている火の記憶
幾重にも刻まれた傷痕
内から開かれるにつれ
こぼれ落ちていく文字

指先で触れるたびに
私の芯で沸騰するものがある

息でぬくめられた小石
じっとみつめていると
しだいに溶けて丸く窓が開いて
引きこまれていく脈動する闇
くらやみの中で星がひとつまたひとつ
生まれ耀く瞬間を見る

耳の中で息が膨らんでは閉じ
娘の匂いがくびすじをすべり
つなぐ手をのばそうとしても
私のからだの見つからぬ安息

カーテンのふくらみから
降りてきた光の中で
娘が静かに目を開き
石をタオルにくるみこんで
タンスの引き出しにしまう

眠りから解き放たれた文字が
光の中を浮遊している
d0264981_1841639.jpg

[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2014-12-04 14:36 | 詩、エッセイ | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by まりも
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite