Yumiko's poetic pictures

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

第10回「文芸思潮現代詩賞」(2014年度)優秀賞

海がふくらんでいく
うずくまっていたものが
ゆっくりと足をのばし雄叫びをあげる
通り過ぎる気配だけが野を吹き抜け
押しよせる透き通ったかたまりが
私をのみこみあふれ流れ

かろうじてつかんだぬるい体温は
灰となって指の間からこぼれ
私はからっぽの水槽
ひとりふるえている

あなたの芯で生まれ直す種の
守られている場所は熟れて朽ちて
くずれていく肉の甘さ

のみこんだ種が芽吹き始める
ひしめきあい押しのけあい
やがてひとつだけが
のびて のびて
私を内から突き破り
指先から萌えだす若葉
かずらとなってからまりゆく黒髪の先
白い枝が肌を裂いて
ひろがりながら天をおおう

真昼の木漏日を糸に紡ぎ
織り上げていく一枚の布
舞い落ちる葉を織りこみ
実りを搾りその汁で染め
大地を横切る茜色の川に
織り上げたものをさらす

喉をうるおし身をやしなう
あなたの果肉が
天をおおう枝の網目に
たわわに実り
夜を埋め尽くして
輝いている

2014年度なので、3年前になりますが・・・「文芸思潮」現代詩賞「優秀賞」作品をアップします。若干、改稿しました。
d0264981_10584799.jpg


[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2017-03-06 11:03 | 詩、詩論 | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by yumiko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite