Yumiko's poetic pictures

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

茨木のり子さんの言葉について、想うこと。

いちど視たもの――1955年8月15日のために――
        茨木のり子
       
いちど視たものを忘れないでいよう


パリの女はくされていて
凱旋門をくぐったドイツの兵士に
ミモザの花 すみれの花を
雨とふらせたのです・・・・・


小学校の校庭で
わたしたちは習ったけれど
快晴の日に視たものは
強かったパリの魂!


いちど視たものを忘れないでいよう


支那はおおよそつまらない
教師は大胆に東洋史をまたいで過ぎた
霞む大地 霞む大河
ばかな民族がうごめいていると
海の異様にうねる日に
わたしたちの視たものは
廻り舞台の鮮やかさで
あらわれてきた中国の姿!


いちど視たものを忘れないでいよう


日本の女は梅のりりしさ
恥のためには舌をも噛むと
蓋をあければ失せていた古墳の冠
ああ かつてそんなものもあったろうか
戦いおわってある時
東北の農夫が英国の捕虜たちに
やさしかったことが ふっと
明るみに出たりした


すべては動くものであり
すべては深い翳をもち
なにひとつ信じてしまってはならない
のであり
がらくたの中におそるべきカラットの
宝石が埋もれ
歴史は視るに値するなにものかであった


夏草しげる焼跡にしゃがみ
若かったわたくしは
ひとつの眼球をひろった
遠近法の測定たしかな
つめたく さわやかな!


たったひとつの獲得品
日とともに悟る
この武器はすばらしく高価についた武器


舌なめずりして私は生きよう!


(この詩を、もう一度読み直したくなった。「教育」が、何を残すか、何をもたらすか・・・なにひとつ信じてしまってはならない、この苦い宣言は、いったいなんなのか・・・)


もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない
もはや
できあいの宗教には 倚りかかりたくない
もはや
いかなる権威にも倚りかかりたくはない


ながく生きて
心底学んだのはそれぐらい


(怒りや無念を通り越して、痛いような悲しみとしてそこにある絶望の重さ。日本は、日本人は、「敗戦」から何を学んだのだろう。)


金子さんは、自己の感受性を何ものよりも信じた人であり、自分自身の頭と躰だけで考えに考えた思考の人である。このごく当たり前のことが日本人の最も苦手とするところだ

(『金子光晴詩集』に茨木さんが寄せた言葉。金子光晴は、茨木さんの前で「ええかっこしい」だったかもしれない、けれども・・・それを差し引いた、としても・・・茨木さんの日本人評に関しては、今でも当てはまるような気がする。)


わたしが一番きれいだったとき
わたしの頭はからっぽで
わたしの心はかたくなで
手足ばかりが栗色に光った


わたしが一番きれいだったとき
わたしの國は戦争で負けた
そんな馬鹿なことってあるものか
ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた


(戦時中、自分の頭で、躰で、考えなかった・・・自分の感受性を信じることができなかった・・・その悔恨と苦さを、痛みとして引き受けて生きていく。これからは、自分自身の頭と躰で、感じて、考えて、生きて行ってやる。そんな悔しさや無念や怒りや決意が、「わたしが一番きれいだったとき」の、一見ポジティブに見える表現――の中に重く沈んでいるように思う。
「わたしが一番きれいだったとき」を読むと、戦争中のことは忘れて、これからを生きよう、というポジティブさが感じられる、という感想をネットで見かけたので――これからを生きよう、という決意の強さに関しては、否定しないけれども――書きつけておきたくなった。)


[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2017-03-11 11:22 | 詩、詩論 | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by yumiko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite