Yumiko's poetic world

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

山下洪文さんの『夢と戦争「ゼロ年代詩」批判序説』書評

「現代詩」が戦後辿って来た道のりは、本当に正しかったのか。実存の闇や社会的苦悩との闘いを回避し、言語空間に逃避して安らっているだけ、言語的実験、新領域の開拓を試みているつもりが、実は言葉の破壊に過ぎなかったのではないか……そんな問いを烈しく突きつける評論集が出来した。戦時中から現代に到るまでの創作主体の様態を探り、現代(の詩や言葉)を侵食する「虚無」の増大と今後の方向性に警鐘を鳴らす、極めて意欲的な評論集である。

 山下は吉本隆明の論を継承しながら、「戦争と戦争のもたらした切断から、平穏な日常へ、詩的主題はうつっていった。そして、それだけだった。荒地を忘れた詩人たちは、始原にふれることも未来に向かうこともなく、ただ〈現在〉を蕩尽した」と批判する。断片化する世界を主体的に統合し、言葉によって意味づけていく主体の喪失を厳しく批判し、「断片の継ぎ接ぎが詩になってしまう情況」を積極的に称揚するかのような批評の在り方を批判する。そして、「虚無」の懐胎と詩の変質を七〇年代詩に見て、以降にトップランナーと目された詩人たちとその作品を、各論で容赦なく断罪していく。

批判を展開する際に山下が用いる暴力的、罵倒的な表現は、読者の議論や興味を喚起する為の戦略なのか、山下自身を鼓舞する為の必然なのか判然としない。その手法に疑問が残るものの、現代詩の向かう方向性そのものに関して、一石を投じる一書である。

『夢と戦争「ゼロ年代詩」批判序説』山下洪文 未知谷 2000

   『詩と思想』2017年4月号「新刊selection」コーナー掲載


600字という字数制限があり、書けなかったことを補足しておきたい。

『詩と思想』1・2月合併号の座談会において、山下氏の『夢と戦争』について意見を交わした際、私は「方向性としては間違っていないと思うんですが、徹底して罵倒的な表現で批判するという方法論は、私は間違っていると思いました(以下略)」と述べた。付言するなら、男性主体の批評言語の中で、女性蔑視的な意味合いを持った言葉が、それと意識されないままに「比喩」として用いられて来た過去があるが(戦後すぐの「日本浪漫派批判」の中で展開された「政府の公娼」といった表現など)山下氏の評論の中でも「凌辱」「売春宿」「石胎女」といった言葉が――もちろん、女性蔑視の目的で用いられているのではなく、文学的比喩、としての用法であるけれども――作品批判に用いられている点にも違和感があった。

現状を分析し、評価し、批判する。そして、原因を推定し、より良い方向(批評者が信じる、理想とする「詩」の在り方)に向かって糺していく。この手法と方向性において、私は山下氏と近い立場にいる、と思っている。しかし、その際に――排他的かつ感情的な表現を用いる、という方法で糾弾するのは、適切な手法なのだろうか?という疑念を払拭することができない。(多数の団塊世代の中高年男性詩人から、あれくらいの激しさが無いと批判できないんだよ、とか、若いうちは、あれくらい尖がっている方がいいね、とか、痛快だね、伐って伐って伐りまくるところがよかった、というような肯定的な評価を多く聞いているので、なおさらである。)


新しい現実、として現れる外界と、戦ったり折り合いを付けたりしながら、いかに交流、交通していくのか、という、外へ向かっていく言葉の発話と、自己の実存を問う、内へと遡行する詩の言葉の探求、その双方が機能しなければ、よりよい詩は生み出されない、と思っている。外に向かっていく創作は、常に時代の変化に翻弄される。その表現手法が、仲間内でのみ共有・交換される閉鎖的なものであれば、普遍性は得られないだろう、その点においても――また、かつて「主体」のあった場所は「無」となってしまったのではないか、という山下氏による現状の診断にも、全面的にではないが、同意しつつ――語る主体が分散し、拡散しつつ一つの構造として外殻を作り、その外殻において世界との交通を試みる。世界を敏感に察知、感受し、それを(断片的な表出であったとしても)編集する主体、というような、新しい主体の在り方が、表現の中に現れている、そんな読み方は出来ないか、という異論や、「ゼロ年代詩」を十把一からげにして批判、断罪するのではなく、今をよりよく表現しているものを選択し、後世に残していくことも重要ではないのか、という疑問を抱き続けている。


1・2月合併号に山下氏が寄稿している「世界は朝霧のように――「ゼロ年代詩」以後――」において、「歴史」を作りだす側ではなく、まるで「歴史」の傍観者の側に立たされているかのような現代の状況を、詩人はどのように把握しているのか、という問い――山下氏の表現を借りれば〈事後性すら去った後の、奇妙な場所に立っているのではないか?事後性の後にいったい何が書かれうるのか?世界を失った詩人の世界観は、いかなるものなのか?〉という問いに、的確な批評と分析で山下氏自身が答えていることも、付記しておきたい。





[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2017-04-12 11:18 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by まりも
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite