Yumiko's poetic pictures

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

「微塵光―原民喜」を鑑賞して

5月7日、両国門天ホールで、宮岡秀行監督による「微塵光(みじんこう)―原民喜」というドキュメンタリー映画を鑑賞した。

 室内なのに、テント内のようなムード、裸電球(風のLEDライト?)、打ちっぱなしの風情の床板、小さめのスクリーン。パイプ椅子に絣模様の座布団を並べた、小劇場風の空間で、上映は2011年に同監督によって制作された「夏の花」という短編から始まった。

 広島カープの応援歌がドーンと観客を包み込む。暗転。やがて、爆心地の模式図がクローズアップされ、遠くから飛行機のエンジン音のようなブルルルル・・・という音が響いてくる。息づまるような緊張感の中で現在の広島の光景に切り替わると、ブルルルル・・・というエンジン音は、川面を行く遊覧船のものであることがわかる。ほっと心が緩んだ、そのほどけていく感じに合わせるように、次第に蝉の声が聞こえて来る。やがて、真夏の照りつける陽射しと共に、観客は驟雨のような蝉の大合唱に包まれる。心の動きに合わせた音響の手加減が素晴らしい。

 原民喜の当時の資料映像などを重ねながら、「夏の花」の朗読が始まった。野村喜和夫のハイ・バリトンは、柔らかく、しかしくっきり、克明に、民喜が見たもの、感じたことをなぞっていく。民喜にゆかりの深い人や、深く共感を寄せる人たちのインタビューを交えながら「夏の花」が終了すると、いよいよ本編の「微塵光―原民喜」の上映が始まった。

 冒頭、そして映画全体に差し挟まれていく舞台公演――広島の高校演劇部による渾身の原民喜伝は、プロの俳優たちとは異なる鋭さで胸に刺さった。伝えねばならない、その切実さが、明るい十代の声のトーンを鋭く尖らせるのか。詩人野木京子が、民喜が妻の貞恵とささやかな幸せを嚙みしめた旧居跡を訪ねるシーン。生前の民喜を知る人による、今、すぐそこに民喜がいる(いた)ような、声による再現。現在の空間の中に、そこにいないのに仄灯りが集う場所があって、映画が進んでいくにつれて、そこに民喜の姿が浮かび上がって来るような気がする。

 上映後、広島に生まれた詩人中本道代と、広島に住んだことがある野木京子によって対談と朗読が行われた。「夏の花」で示される克明な観察眼、抗議の自殺といった強靭な側面に光が当たりがちだが、二人の女性詩人は、寡黙な民喜が態度や文字の中に残した優しさ、弱いもの、小さいものへの眼差しを丁寧にたどっていく。「両国門天」の空間に、ぼんやりと現れてきたもの・・・その気配に溶け込むように、二人の詩人は言葉を添えていく。野木が広島に住んでいた時に感じた事・・・知識として知った過去の歴史が、見えない圧となって、体感となって大地からせりあがり、青い空からもなにか圧するような力が押し寄せ、その狭間であえぐような感覚を味わったこと・・・民喜の甥の時彦が、民喜の遺品である被災時の手帳を黙って取り出し、見せてくれた時のこと・・・民喜が座っている青年の後ろに静かに立って、黙って肩に手を置いた、そんな気持ちの伝え方をした、ということ・・・

 終演後のアフターパーティーで、先日の『詩と思想』座談会でお世話になった陶原葵さんと映画の感想について語り合ったり、吉田文憲さんから「微塵」が喚起するイメージ、両国という場所の持つ歴史性(関東大震災の折のもろもろ、折口信夫のこと、など)について伺ったり、細田傳造さんと「現代詩」と「現代の詩」について話し合ったりすることができた。

 映像と音楽、そして語りの醸し出す一連の流れの中で、スクリーンの奥と観客席とがつながり、その空間に民喜の居た気配が立ち上がって来るような、不思議な実感があった。微塵光となって、遺された言葉が降り注いでいる。空間を仄かに発光させている。そんな言葉を浴びる数時間だったように思う。


[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2017-05-09 21:41 | 随想 | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by yumiko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite