Yumiko's poetic pictures

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

詩誌『蒐』5号より 小柴節子さんの‶Wind”

札幌で発行されている詩誌『蒐』(Syuu)5号が届いた。2016年3月31日の日付。
その中から、小柴節子さんの作品、‶Wind”をご紹介したい。

 Wind

さようならで始まり
さようならで終わる物語を
思い出を開くように聞いている
さらには
樹々の葉脈が
ふるえる舌の音のように聞こえてくる朝もある

寝室にはあちこちで拾ってきた
あるいは捨ててきたものたちが
血を流し
狂い咲いている
行きつくところまで
行かなければならなかったのに
行けなかった

わたしはいつか
みうしなった耳になるかもしれない
ぬきさしならない存在を
蝸牛にみたてて
孤独の坂をくだってゆくが
辿りつけない

まだかすかに声の残っている下着を
身にまとえば
胎内にいたはずのいのちが
記憶だけになって
戻ってくる
死体を焼く臭いはいまも
つんと鼻腔をついて

四十年めの夏がきて
てのひらのなかに
死の国が宿っていることに
気づかされる
日付は無限にあとずさり
還ろうとする道には
さようならの風だけが
こっちへおいでと手招きしている

聴くということに、全神経を集中しているような静けさ。4、5連目を読むと、もしかすると亡くなったお子さんがいらしたのだろうか、という想いにもかられる・・・が、1、2、3、と畳みかけていく、乾いた砂をすくいあげるような諦念、穏やかな哀しみは、語り手自身のもののように思われる。
樹々が吸い上げ、葉脈を巡り葉先を柔らかくのばしていく命のかすかな漲り。その気配を、見るのではなく、音として聴いている。あるいは心の耳で聴いているのかもしれない。これから葉をのばすであろう裸木を想いながら。
振り返る過去が、芥子の花のように赤く、涙をしたたらせるように血を流しながら、語り手のいる寝室のそこかしこで花開いている。
蝸牛、は、かたつむり、ではなく、かぎゅう、と読みたくなる。孤独と響きあう、Kの音、硬質な響き。
手招きしている風の中には、誰が立っているのだろう。

注記が記されている。

※小柴節子同人は二月一日に急逝しました。享年六五歳。
 遺稿の中に本誌5号用と思われる作品があり、ここに掲載しました。

注記を読んで、感動したわけではない。何か胸を突かれるような、静かな哀感を感じながら読み終えたところに、控え目な、しかしそれゆえになおいっそう万感のこもる、同人への追悼の一節があらわれたのだ。

庭先で咲き始めた勿忘草を捧げたいと思う。
d0264981_20413196.jpg

[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2016-04-12 20:52 | 読書感想、書評 | Comments(0)

くまいちごが実ったら

d0264981_10531818.jpg

くまいちごがいちめんにみのる
つゆにぬれておもくあかく
うれた空気が私の中をみたしふくらみ

時が来たのだ
私はおまえを野に連れていくだろう
しめった鼻先が甘さにまひし
ぬれた舌先が酸っぱさを見失うまで
私はおまえのそばに立っていよう

私の左胸にほほをおしあて
汗でみっしり湿っていく幸福
胸をあわせ息をあわせひとつの鼓動にとけていくとき
おまえと私を包む温かい土の部屋は
にわかにさざ波の音が満ちて
海のうねりにひたされていた

鼓動を求めたおまえのほほの温みを
私は今も覚えている
黒々と毛も生えそろい
猛々しい青草と麝香と樟の匂いを
波打つ皮膚の下から放ちながら
大地を踏みしめて立つその黒い胸に
くっきりと三日月が浮かぶ今になっても
おまえは私の口先を舐め足裏を舐め
ぬれた鼻先で乳のありかを探ろうとする

時が来たのだ
おまえは森の王にならねばならない
無風にも気を察知して震える触覚のように
全身の毛がそそけだち
百千の生き物の眼を刺し返すみなぎりを得るまで
一人で崖の上に立たねばならない

私はおまえを野に連れていく
赤い甘さと酸っぱいつゆにまみれ
果実をむさぼり呆けているうちに
私は後ずさり川を越え痕跡を消し
ついにおまえを忘れるだろう
左胸に残る余熱を激しく欲しながら
私は忘れるためにみごもり
丘に新しい穴を掘る

                         『詩と思想」2016年3月掲載(Freepikによるデザイン
[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2016-04-03 10:58 | 詩、詩論 | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by yumiko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite