Yumiko's poetic pictures

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

二宮清隆詩集『消失点』感想

近頃めずらしい、函入りの詩集である。しかも窓が切ってあって、エメラルドグリーンの海と銀色に輝く水平線、控えめに(波間の煌めきのように)記された書名、あわいブルーの空(を思わせる風景)が見えるという、凝った造本。
d0264981_13204726.jpg
 
 抜き出してみると、鮮やかなグリーンが現れる。
d0264981_13213432.jpg
緑の草原を思わせるカバーを外すと、
d0264981_13220382.jpg一転して雪原のようなストイックな白が広がる。

栞ひもは目の覚めるようなブルー。


ISBNの記されていない私家版の様だが、
丁寧なハードカバーの造本とハイセンスな装幀が素晴らしい。

表紙を開くと、見返しにまで表紙の「風景」がつながっている。

あとがきによれば、詩集の編集は大学時代のクラスメートで親友の
杉村勉氏、装幀デザインは天宅正氏とのこと。

d0264981_13221713.jpg
詩集は、一章「視野狭窄」、二章「追憶」、三章「帰還」、そして最後に添えるように置かれた表題作からなるが、ひらがややカタカナの意識的な使用、読みのリズムや時間差を意識した改行やレイアウトの工夫など、随所に音読を意識した、こまやかな心遣いが伺われる。たとえ黙読であっても、心の中で文字が音声化され、その響きが他者へと届けられる・・・そんな「詩(うた)」への想いが全篇から感じられる。

巻頭に置かれた「地図がない」は、人生の見取り図としての「地図」を未だに手にし得ない・・・そんな自分を、鏡像のように客観視するところから始まる。ラストが鮮烈だ。
〈鏡の向こうのぼくに/引き返すために地図を画いておくなんてと/一直線に反撃すると/一瞬にして鏡は割れ/鏡の中の地図を持ったぼくは/細かく砕け散り/ぼくは一人で立っていた/鏡のない部屋で〉

一直線・・・その一途さが、二宮の芯を貫いている。〈エゴの晒し合い〉〈その場しのぎの小さな嘘〉〈逃げ場のない小さな裏切り〉を許せず、忘れることもできない詩人の〈眠れぬ夜〉に、心身を冷たく濡らし続ける〈そぼ降る感情の霧雨〉(「霧雨」)。あらゆる〈うそ〉を、ひらがなの柔らかな表記に置き換えてみても、うそはうそ、許せない苦悩が薄まるわけではない(「うなされる」)。学生時代に、衝動的に死を望んだ時のエピソードが「開かない扉」に記されているが・・・欺瞞や不正を許すことのできない生来の一途さが、時には生き辛さともなって二宮を繰り返し苦しめたのではあるまいか。
「殺すな」に現れる〈黒いヘルメットの中にしまい込んであった〉記憶とは、学生運動期の苦い思い出なのかもしれない。〈無定形な自由への渇望の夢も覚め/互いに生きることを認め合わないで/刺し違えるようにして/死んだまま生きることを選んでしまった/何もかも愚劣 と奥底で渦のように笑い/拠って立つべきものを失った・・・敗北という二文字を焦げるほどに烙印された〉その後の人生。〈拒める訳もなく歯を食いしばって〉生きるために打ち込んできた仕事、内心〈しゃらくせえこちとら/何でも咀嚼しなくちゃ生きちゃいけないのさ〉とうそぶきながら生きて来た人生(「磨く」)。その殺伐とした心象を癒してくれるものが〈小さな花や虫たちに教えられる慈しみ〉(「霧雨」)であり、主に二章にまとめられた少年期の故郷(北海道)への追憶であり、三章で触れられる自然や他者との交感、饗応であったのだろう。

全篇を通じて、〈雨〉が印象深く心身を濡らしていく。〈春を前にして降る雨は・・・寒く乾いた季節を生き抜くために/潔いほどきれいさっぱり/裸になっていた木々を冷たく濡らし〉鳥たちをも容赦なく凍えさせる冷酷さを持っているが、同時に〈この春生まれてくる/もの達への祝福の雨〉でもある(「春を前に降る雨」)。「長雨の」「流れ雨」「にわか雨」・・・それは身体を濡らす雨であると同時に、〈時という雨に打たれ/日々という風に吹かれ〉(「花の言葉」)生きて来た詩人の心に降り注いだ雨であり、記憶を冷たく湿らせたり、驟雨となって押し流そうとした、過去の悲哀、時には涙の喩としての雨でもあろう。

第二詩集『消失点』を、今、なぜ二宮は編もうとしたのか。人生の消失点、〈まっすぐの線路の遠いとおい先は/点になっていた〉(「消失点」)その帰着点が、いよいよ見えて来る時期に差し掛かったから、だろうか。集中には、自身の老いを予感したかのような詩句も仄見える。しかし、〈こっかいぎじどうにむかって/ひゃっぽんの せんぼんの まんぼんの旗が/こくびゃくをきっするために〉(「八月のバラ」)押し寄せるのを目撃したこと・・・そのことによって、学生運動期の熱い情熱を、再び心中に蘇らされたこともまた、詩集を編む動機になっているのではないか、という気がしてならない。
(2017年5月発行)


[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2017-07-30 14:58 | 読書感想、書評 | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by yumiko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite