Yumiko's poetic pictures

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

詩誌『蒐』5号より 小柴節子さんの‶Wind”

札幌で発行されている詩誌『蒐』(Syuu)5号が届いた。2016年3月31日の日付。
その中から、小柴節子さんの作品、‶Wind”をご紹介したい。

 Wind

さようならで始まり
さようならで終わる物語を
思い出を開くように聞いている
さらには
樹々の葉脈が
ふるえる舌の音のように聞こえてくる朝もある

寝室にはあちこちで拾ってきた
あるいは捨ててきたものたちが
血を流し
狂い咲いている
行きつくところまで
行かなければならなかったのに
行けなかった

わたしはいつか
みうしなった耳になるかもしれない
ぬきさしならない存在を
蝸牛にみたてて
孤独の坂をくだってゆくが
辿りつけない

まだかすかに声の残っている下着を
身にまとえば
胎内にいたはずのいのちが
記憶だけになって
戻ってくる
死体を焼く臭いはいまも
つんと鼻腔をついて

四十年めの夏がきて
てのひらのなかに
死の国が宿っていることに
気づかされる
日付は無限にあとずさり
還ろうとする道には
さようならの風だけが
こっちへおいでと手招きしている

聴くということに、全神経を集中しているような静けさ。4、5連目を読むと、もしかすると亡くなったお子さんがいらしたのだろうか、という想いにもかられる・・・が、1、2、3、と畳みかけていく、乾いた砂をすくいあげるような諦念、穏やかな哀しみは、語り手自身のもののように思われる。
樹々が吸い上げ、葉脈を巡り葉先を柔らかくのばしていく命のかすかな漲り。その気配を、見るのではなく、音として聴いている。あるいは心の耳で聴いているのかもしれない。これから葉をのばすであろう裸木を想いながら。
振り返る過去が、芥子の花のように赤く、涙をしたたらせるように血を流しながら、語り手のいる寝室のそこかしこで花開いている。
蝸牛、は、かたつむり、ではなく、かぎゅう、と読みたくなる。孤独と響きあう、Kの音、硬質な響き。
手招きしている風の中には、誰が立っているのだろう。

注記が記されている。

※小柴節子同人は二月一日に急逝しました。享年六五歳。
 遺稿の中に本誌5号用と思われる作品があり、ここに掲載しました。

注記を読んで、感動したわけではない。何か胸を突かれるような、静かな哀感を感じながら読み終えたところに、控え目な、しかしそれゆえになおいっそう万感のこもる、同人への追悼の一節があらわれたのだ。

庭先で咲き始めた勿忘草を捧げたいと思う。
d0264981_20413196.jpg

[PR]
# by yumiko_aoki_4649 | 2016-04-12 20:52 | 読書感想、書評 | Comments(0)

くまいちごが実ったら

d0264981_10531818.jpg

くまいちごがいちめんにみのる
つゆにぬれておもくあかく
うれた空気が私の中をみたしふくらみ

時が来たのだ
私はおまえを野に連れていくだろう
しめった鼻先が甘さにまひし
ぬれた舌先が酸っぱさを見失うまで
私はおまえのそばに立っていよう

私の左胸にほほをおしあて
汗でみっしり湿っていく幸福
胸をあわせ息をあわせひとつの鼓動にとけていくとき
おまえと私を包む温かい土の部屋は
にわかにさざ波の音が満ちて
海のうねりにひたされていた

鼓動を求めたおまえのほほの温みを
私は今も覚えている
黒々と毛も生えそろい
猛々しい青草と麝香と樟の匂いを
波打つ皮膚の下から放ちながら
大地を踏みしめて立つその黒い胸に
くっきりと三日月が浮かぶ今になっても
おまえは私の口先を舐め足裏を舐め
ぬれた鼻先で乳のありかを探ろうとする

時が来たのだ
おまえは森の王にならねばならない
無風にも気を察知して震える触覚のように
全身の毛がそそけだち
百千の生き物の眼を刺し返すみなぎりを得るまで
一人で崖の上に立たねばならない

私はおまえを野に連れていく
赤い甘さと酸っぱいつゆにまみれ
果実をむさぼり呆けているうちに
私は後ずさり川を越え痕跡を消し
ついにおまえを忘れるだろう
左胸に残る余熱を激しく欲しながら
私は忘れるためにみごもり
丘に新しい穴を掘る

                         『詩と思想」2016年3月掲載(Freepikによるデザイン
[PR]
# by yumiko_aoki_4649 | 2016-04-03 10:58 | 詩、詩論 | Comments(0)

花に触れる

しおれたシクラメンを
引き抜いていて
うっかり
つぼみのくびを
はねてしまった
うずくまるつぼみ
青臭いにおいがただよう

密生する葉が
おおいかくしているもの
競い合うように
空隙を目指して
突き上げる力
そのあらわれを
私の不注意が
はねてしまった

にぎったままの
しおれた花が
うすい膜のように
指にはりついてくる
萎えた茎から
にじむ粘り
ふり払うように捨てる
私の指

窓越しの冬陽は
羽根布団のようにやわらかい
ゆっくりと鉢をまわして
シクラメンを眠らせる
                                          『千年樹』65号
d0264981_21465658.jpg

[PR]
# by yumiko_aoki_4649 | 2016-02-20 21:48 | 詩、詩論 | Comments(0)

てのひら

灯はろうそくから少しだけ離れて灯り
のびあがりながら震えている
そのすき間に指を差し入れ
手のひらにすくいとり
あなたは私に
火を飲ませてくれる

ただれた手のひらに
水よりも冷たい指を重ねる
小さな透き通った湖が生まれ
ささくれ立った床板に吸いこまれていく
とけていく私がくずれてしまう前に
どうかだきしめてください

赤く剥けて腫れ上がり
それでもなお口元に添えられる指
私の空洞を燃え広げていく青い火が
すべてを軽い燃えがらに
吹きならしていく前に
どうぞのみほしてください

雪はただ灰のように
あらゆるものの目を覆い隠して
あとからあとから生まれ落ちる
冷たさではなく痛みを
あなたの痛みを感じる身体を
どうかあたえてください

私は灰の中で赤熱する
                                 『千年樹』64号掲載
d0264981_14574247.jpg

[PR]
# by yumiko_aoki_4649 | 2015-12-04 14:59 | 詩、詩論 | Comments(1)

第24回詩と思想新人賞受賞作品

とよとよとよ るゐるゐ とぷん
とよとよとよ るゐるゐ とぷん
沖縄の内海には濁音がない

ひとところにつもりゆく白い骨
のような珊瑚
一度は生きていたものが
この島を太らせていく

空と海のあわせめを
目の奥に引き寄せる
海からぞくぞくとあがってくる白い影
陽に照らされて泡にくだけ
波打ち際に打ち寄せる

押し寄せる声は
濁音に紛れ乱され

とよとよとよ るゐるゐ とぷん
とよとよとよ るゐるゐ とぷん
耳をすませれば皮膚が消え輪郭が消え
静けさに手渡されていく体も消えて
わたしの芯にせりあがる波

 ずぶりと砂地に差し入れられた
 アダンの気根
 太い肌に触れれば熱を持って熱い
 大地をつかみとる強さで
 奥底からこみあげるものを吸い上げる

 琉球松の葉は
 太陽(ティーダ)のゆびが編みあげた組み紐
 黒松のように掌を刺すことがない
 顏の無い塊りの風を押し返し跳ね返し
 触れればやわらかに指になじむ

 焼夷弾に燃え尽きたアカギの大木
 根を割って伸びた新しい木が
 押し開いてうねりのびて
 引き裂かれた傷からあふれだすみどり

とよとよとよ るゐるゐ とぷん
とよとよとよ るゐるゐ とぷん
空が傾いて押し寄せてくる
胸を裂いたような赤に吞まれ
ひた寄せる波音を聞いている                      (『詩と思想』2015年12月号)
d0264981_10401014.jpg

「沖縄」を書く、ということの意味を、何度も何度も考えた。
ひとときの旅人の感傷、浅薄な正義感に侵されていないか。
あの日、あの場所で、本当に感じたこと。
私が、伝えずにはいられないこと。
その衝迫。
d0264981_10404489.jpg
タクシーのドライバーさんが、ここに「おじいがいるから」と連れて行ってくれた、平和の礎に刻まれた名前の前で感じたこと。一緒に折り鶴を折りながら思ったこと。本当に身近に、死者たちが息づいている、ということ。
二度と繰り返しませぬから、という誓いは、誰のために誓われたのか。
d0264981_10412321.jpg
あふれかえるような、植物たちの生成のエネルギー。
度重なる台風から、この島を護ってきた防風林の琉球松の葉の、意外なほどの柔らかさ、しなやかさ。



作品提出後も、あれでよかったのか、と悩んでいた。そんな時に、まるで応えのように届いた詩があった。

詩誌『交野ケ原』79号に、「豆が花」という詩を水島英己さんが寄稿されている。その、最終三行。

おまえは聞こうとしない
歌うことのない花がぼくらの間に咲いているからだ
無関心という花
d0264981_1042298.jpg















生死を越えて、耳をすませている人々に、ものたちに、その土地に息づくものに、声を届けるということ。想いを伝えるということ。
それが、私の祈りだと思う。

拙い言葉ながら、このたび機会を得て、文字という形に残すことができた、ということが、何よりもうれしい。
[PR]
# by yumiko_aoki_4649 | 2015-11-30 10:57 | 詩、詩論 | Comments(1)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by yumiko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite