Yumiko's poetic world

yumikoaoki.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:読書感想、書評、批評( 38 )

『名井島』時里二郎著 感想

引き込まれながら一気に読了し・・・埋め込まれた印象的なフレーズの数々、次々に立ち上がってくる謎が気になって、また振り出しに戻る。そのように、二度、三度と読み返した。

 紬の布地のような表紙カバーに、木の皮を象嵌したような「ひとがた」が施されている。石に刻んだ文字を拓本に取った時のような味わいのある書名と著者名、帯文の文字。はるかな場所から届いた本のような、不思議なオーラをまとっている。カバーをはずすと、深い黒地に白い筆文字で詩篇の一部が浮かび上がる。〈見えない島の 鳴かない鳥の〉〈このみも そのみも ひそかに ことのはを はこぶ ふね〉これは四章「名井島」の一篇、「鳥のかたこと 島のことかた」の一節だが、一章「島山」の「通訳」という詩の中に既に〈舟はことばを運ぶものだからだ/ことばを持つものは/舟でないと他の島へ渡れない〉〈人が死ぬと/人に詰めてあったことばのいっさいは/舟に積んで流すのだ/ことばは人のものではない/借りたものだから/返すにしくはない〉という〈島の人〉や〈通訳〉の言葉として現れている。

 うつろ、でなければ、入れることはできない。そして、人は自らことばを作り出すのではない。うつろな身の内に言葉をとりこみ、蓄え、複雑に醸造したり組み合わせたりして、それを時に詩(うた)につむぎ、物語として語る・・・全編を通じて、到来するものとしての詩心、言霊のイメージが揺らめいている。


以前から思っていたことがある。人は、肉体を自然から借り受け、そこに魂を住まわせてこの世の時を過ごすのではなかろうか。魂は肉体(五感)を通じてしか、世界を感受することができない。しかし、何のために魂は感覚の記憶を蓄積していくのだろう。魂が体験した記憶は、肉体から解放されたのちは、いったいどこに行ってしまうのだろう。そのことが、以前から疑問だった。また、人と人との関係、あるいは、人が生み出した書物同士の関係は、多島海の島々に似ていると、これも以前から思っていた。それぞれの島は、独自の文化を有している。植生も生き物たちの種類も、それぞれ異なる。自らの住む島(文化圏)から他島を訪ねていくということは、違った価値観、違った文化圏に触れる、ということではあるまいか。表層だけ観察して、通り過ぎて終わるのか、あるいは、上陸して奥深くまで探索するのか。その島の実りを口にするか否か、自らの身に取り込むか否かによって、その島での体験が、身の内に残るか否かが決まる。自らの島に帰った後も、その時の記憶が色濃く残っている人は、それだけ多彩な生を生きることができるだろう・・・。『名井島』は、こうした以前からの問いや思いに、不思議な物語の姿を取って直に触れてくる。


 冒頭に置かれた「朝狩」から、驚きの連続だった。〈植物図鑑の雨の中を/男は朝狩から帰還する〉図鑑片手に野山のフィールドワークを行う男・・・時里その人の姿が重なるが、この男は、〈弓と胡簶(ゆみとやなぐい)〉を身にまとった猟師の姿をしている。古代から時空を超えてやってきたような男が〈仕留めた獲物〉は、獣ではなく〈耳の形状をした集積回路の基板(チップ)の破片〉であり、しかもその〈獲物〉を男は〈閲覧室〉の机上に置く。デジタル化の進んだ、近未来図書館のような空間に出現した古代人が、〈ピンセットで今朝の獲物を〉精査している風景。

男が狩に出向いたのは、実際の野山であると同時に、植物図鑑という一つの空間(仮想の島)の中でもあるだろう。植物図鑑の中の図像はイデア、野山で手に触れる植物たちは実体という関係性を持つ、と考えてみる。(この関係性は、詩集『名井島』の中では二章「夏庭」に濃厚に表れる。具体物に触れ感受した体感と、言葉・・・名前や付随する物語・・・が体感と結びついていく過程、その結びつきが脳内に立ち上げる、体外の具体物が脳内に象として現出する不思議。身の内における世界の再生、といってもよいかもしれない。)イデアは、名づけによって・・・言葉を、名を与えられることによって記憶の蓄積から呼び出され、脳内に現出するのであり、それは耳(聴覚)を通じて記憶に蓄えられていく行為の相関関係の内にあるものではなかったか?その大元となる記憶の欠片を、男は狩に出て、集めているのだ。何のために?〈傭兵だった男は彼の世紀を逃れてこの図書館に漂着した ここを住処に自らの集積回路から剥ぎ取られた幼年の記憶の基板を探すために〉。男とは誰か。幼年とは、いつの、何の、幼年時代なのか。はやる心と疼く謎を片寄せて、一章に進む。


一章「島山」は、折口信夫へのオマージュの章と言えるだろう。『海やまのあひだ』の「島山」の、[この島に、われを見知れる人はあらず/折口]、あるいは「木地屋の家」で立ち去る折口に[友なしに遊べる子]から手渡される素朴な木の人形[木ぼっこ]と、詩集中盤に現れる時里の木偶(でく)が重なっていく。

冒頭の「をりくち」の中に、Hの音の美しいフレーズがある。〈道にたふるる人も馬も/古石のふみのひそけさ〉。フルイシ、古来からの石の霊力への想い。古い詩、とも響いてくる。踏みと文。ひそけさは[人も 馬も 道ゆきつかれ死にゝけり 旅寝かさなるほどのかそけさ/折口]への応唱だろうか。[ゆき行きて、ひそけさあまる山路かな ひとりごゝろは もの言ひにけり/折口]

〈口を折り/開いた分包から微粒のけぶりたつ薬香にむせかへる/旅寝の/夢の/ほどろ/ほどろに/さあをい穂状の腸(わた)がふるへ〉ほどろ、ほどろ、という響きに、“淡雪のほどろほどろに降り敷けば平城(なら)の京(みやこ)しおもほゆるかも/大伴旅人”も浮上してくる。〈口を折る〉と折口が読み込まれ、冒頭の薬物のイメージが呼び込まれ・・・それと共に、四章の「脱衣」に現れる薬包紙の予示が折り重なる。ことばを失った“ひとがた”の再生を促す《伯母》が、〈うすいひかりの呼びかけに 生きているように動いたりする〉〈金属質の乾いたほそいおと〉を立てる、〈言葉の粒子〉を飲み込み・・・それから、〈専用の寝椅子に脱衣して横たわる〉〈わたしの言葉のなかに〉潜りこんでくるという、濃密なエロスの漂う場面。一章に戻る。

「をりくち」に続いておかれた「コホウを待ちながら」は、ゴドーならぬ孤峰を待つのか、古報を、あるいは呼報を待つのか。〈穴井の底の水影のくらいゆらぎ〉は[をとめ居て、ことばあらそふ聲すなり。穴井の底の くらき水影/折口]を呼びつつ、次に置かれた詩篇「島の井」へとつないでいく。緑濃い島々。[鳴く鳥の聲 いちじるくかはりたり。沖縄じまに、我は居りと思ふ/折口]。〈島のことばは さっき森で聞いた鳥の声に似ている〉〈通訳に頼むと/わたしのことばは/この島の森にいる鳥の声に似ていると/島の人は言っているそうだ〉山羊の黒々とした瞳、耳慣れぬ言葉への好奇心。島への旅は、耳慣れぬ言葉を鳥の歌と聞きあう、ことばから音への旅でもあるのだろう。その旅を、語り手は折口と共に居る。いや、旅先で心震わせた折口信夫の、その時の身と心に語り手が入り込み、その人となって見聞きしている。〈この島 今ここにいるこの島ではないこの島にいたという記憶の耳〉。

〈通訳〉、二章の「夏庭」で語り手の対手を務める〈庭師〉とは何者だろう。夏庭は、〈カテイ〉と読むという。過程、家庭、あるいは課程、仮定・・・。ヒト標本と自らを呼ぶ〈わたし〉は、詩集全体を通読すると、ヒト文明が滅びた後の〈ヒト言語系アンドロイド〉の素地となる存在である、らしいのだが・・・室内から庭を見るだけ、聞くだけ、手の届く範囲の植物に触れるだけ、という限定的な感知しか許されない〈わたし〉、また、影を持たない存在であるらしい〈わたし〉は、肉体の中に封じられて、目や耳、触覚という限定された窓口を通してしか外界に触れえない意識の本体であるようにも思われる。心身内部で意識の対話を務める相手とは、言い古された言い方だが、自分自身との内的対話の対手、ということでもあるだろう。経験や知識によって醸成される顕在意識と、さらにはるかな場所から引き継がれてきた(ものに通じているかもしれない)無意識層から現れた人格との対話、と言ってもよいものかもしれない。

三章、「歌窯」の〈わたし〉は、より肉体の側に近い能動性を持つ。「雲梯」は、肉体を持つ〈わたし〉が読み得た「名井島」の歴史、あるいは「名井島」を訪れるヒト型アンドロイドの祖型に関する物語。一文の息の長い流麗な文体は、文語の縁起を現代語訳したような幻惑に引き込まれる。後鳥羽院の御製を自らの身に潜めて運ぶ随身であった〈オキナ〉が、ことばの〈魔的な霊力〉に耐え兼ね、身から引きちぎるように、痛みと共に散らしてしまった〈コトノハ〉。ことばを失い、うつろとなって潰え去った〈オキナ〉は、新たな身体を得て再生するであろうことが語られる。

「歌窯」もユニークな旅体験記である。歌窯によって“精錬”された歌を蓄えた〈島猫〉と、まるで愛人と睦みあうような官能のひととき(体感的な快)を経た後、〈わたし〉の内から歌が生まれ落ちるという。自ら作り出すのではなく、到来するものとしてやってくる“うた”の不思議、その“うた”が自らの内で膨れ上がり、やがて零れ落ちていくまでの、高揚感と喪失感。詩人、歌人が“うた”を生み出すときの精神状態のアナロジーともいえるのかもしれないが・・・一章に現れた折口信夫、その身の内に起きたこと(それ以前にも、その後にも、歌人の内に、あるいは詩人の内に起きていたし、これからも起きるであろうこと)を伝奇や旅行記の形を借りて記していると思われてならなかった。

四章「名井島」は、〈わたし〉の対手を務めていた〈通訳〉が、その〈不具合の補修〉を行うために〈名井島の工場(ファクトリー)〉へと戻るところから始まる。〈あの大異変(カタストロフ)の後は/とみに名井島に渡る者が増えた〉・・・言葉、詩、うた、の崩壊。あるいは、圧倒的な災厄として私たちの言葉を奪った、大震災・・・様々な形で、なんらかの欠如を抱え持ってしまった現代の私たちが、いかに自らの“うた心”を修復していくのか。訪れるものを迎え入れることができなくなっている、その〈不具合〉を、いかに修復していくのか。音、響きに耳を傾けるということ、自然の作り出す諸物に触れ、驚き、その“声”を体全体で感受すること。こうした訓練を、それぞれが自覚的に、意識的に行っていかねば、“うた心”の継承そのものが、危うくなっている、かもしれない、ということ・・・。『名井島』を読みながら、そのような静かな危機感が、ひたひたと寄せてくるように思うのは、果たして私個人の錯覚だろうか。

肉体を持って生まれ、言葉を学び、文字として受け継がれてきた何百年、何千年の言霊に触れ、その霊力を身の内に取り込んでいく、ということ。身の内で個々の体験を加えながら醸成されていく“なにか”。その“なにか”が、抱え持つ身体も耐え難いほどに育ち、あふれかえるものとなったとき、身からコトノハ、言葉として剥離していくのではあるまいか。芽吹いた裸木が真夏の茂りを経て、落葉してそのサイクルを終えるように、人もまた“うた心”を受け継ぎ、茂らせては振るい落としていくのかもしれない。あるいは、“うた心”の運び手、入れ物、として、その生を繰り返すのではないか。それは、有機的肉体を持った人間の世紀が終わってしまっても、人工的に作り出されるアンドロイドの世紀に至っても、永劫、続いていくものなのかもしれない。

冒頭、朝狩に赴く男が探し求めている幼年の記憶とは、一人の生涯ではなく、無数の生涯のサイクルを通じて受け継がれてきた“うたごころ”そのものが、生まれて間もない頃に体感した記憶なのではあるまいか。男は、歌心/歌神の化身。そう、思うことにしよう、ひとまず、現段階では。
d0264981_13512483.jpg

[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2018-11-26 13:33 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)

『悲の舞 あるいはギアの秘めごと』三田洋詩集 感想 

生成りの砂地のような地に、細胞の顕微鏡写真を淡い黄色の版で押したようなカバー。丁寧に織り込まれたカバーをそっとめくると、目の覚めるような青の本体が現れる。生命は海に還る、その暗示だろうか。詩集本体を形作る一葉一葉が、詩集扉のような厚地で編まれていて、触れているとしっかりとした手応えが伝わってくる。

冒頭の「悲の舞」は


悲は斜めうしろから

すくうのがよい

真正面からでは

身がまえられてしまう

悲は日常の爪先ではなく

白すぎる紙の指で

呼吸をほどこすように

すくうのがよい


と始まる。すくう、これは「掬う」であろうけれども・・・たとえば阿弥陀如来の手で「すくう」ならば、「救う」でもあるのかもしれない。わたし、の悲しみを「すくう」のか。もっと大きな、たくさんの人の「悲」にまで、想いは広げられているのか。

日常的な次元ではなく、紙に静かに言葉をつづることによって、〈悲〉を捕えたり追い払ったりするのではなく、そっと手のひらに乗せるように受け入れよ、そう歌われているような気がする。続く詩行を引用する。


太古から伝わる悲の器のように

やさしく抱えこみながら

静かな指のかたちで

すくってもすくってもこぼれてしまうけれど

傷ついたいのちのすきまを

ていねいにふさぐよう

だれもいない奥の間の

ひっそり開かれる戸から

陽がさしてくればなおよい


悲(Hi)が、〈ひっそり開かれる〉戸から漏れる〈陽〉となるとき。


 そのとき

 悲はひかりの粒子にくるまれて

 必然のつれあいのように

 すくいのみちをめざしながら

 秘奥の悲の舞を

 ひそかに演じるのでしょうか

 だれもいない開演前の舞台のように


〈だれもいない〉舞台を見ているのは、末期の眼であり、既に他界した者のまなざしであると同時に、未生の舞台をまなざす者の眼でもあろう。

 生きてここに在る肉体が、死後の、あるいは未生の世を夢想し、その地点からいずれ訪れる〈すくい〉の時を歌っているともいえる。

繰り返される悲の響きが、静かな変容を遂げる。悲がすくいとられ、紙の上で文字となり言葉となり、傷を負った〈いのちのすきま〉をさらさらと埋めていく。一人の命、一個の命ではなく、たくさんの〈いのち〉の間に生まれた空無を埋めていくのだ。それは、個々の内に閉ざされた悲しみを、〈いのち〉たちが共有し、共に〈陽〉に変容した〈悲〉にくるまれる、という〈すくい〉への願いではあるまいか。その時初めて、傷ついた個々の命は、悲のふるまいを〈悲の舞〉として、客観視し、受け入れることができるのかもしれない。

「振り向き方に」や「歳月の窓」で歌われる、何者とも知れないが、はるかな場所から〈見ている〉〈覗いてくる〉視線は、〈籠の鳥を亡くしたり近しいひとや/母親のからだを焼いたりすると〉いっそう強くなる、という。近しい人、でいったん区切り、呼吸を整えて〈母親の〉と語りだす間合い、そして、母親を、ではなく、〈からだを〉と限定するところに、母の魂の永遠を信じる心が記されているように思う。からだから解放されて、魂は天に還ったことだろう。そして、多くの死者たちの魂と共に、はるかな場所から生きる者たちを見守る視線、大きな〈いのち〉へと溶け込んでいく。「悲の舞」は、地上にある肉体が、夢想の力で〈いのち〉の側から、孤/個として存在する命を見たときの舞なのかもしれない。

全編を通読して、柳澤桂子が過酷な体験を通じて辿り着き、生命科学や素粒子物理学の概念を用いながら“現代語”に訳し直した「般若心経」の響きを感じた。三田の描く詩(うた)が、悟りを説こうとしている、ということではない。実存する自己の在り方、その肌感覚を、どのように言葉で言い表そうか、と逡巡した末に、「中性子のかなしみ」や「数字のお願い」のような物理的な用語を選んだ過程に、伝えるとはなにか、と真摯に問う心の同質性を感じのかもしれない。

夢と覚醒時との切り替えがうまくいったときの気配、〈失敗した〉ときの感覚を心の耳で聴きとってしまった際の微妙な感覚を、“ギアチェンジ”の成功、失敗になぞらえて綴る「ギアの秘めごと」もユニーク。ギア、という人名の物語を予感したが、肉体をユーモラスに客観視する姿勢と、微細なずれや違和感を感じ取る繊細さが見出した卓抜な表現である。覚醒していながら白昼夢を見てしまうような、夢幻の世界から抜けきらない、現実世界での曖昧な感覚の居心地悪さ。ピタリと覚醒した時の爽やかさ。〈迷いしくじり途方にくれて/目覚める〉時の方が、人生には多いのかもしれないが、そんな自身を〈ギアの音のいとしさ〉も含めて受け入れようとする姿勢が快い。


今まで、詩を“うたう”と記してきた。行分け詩のリズムや呼吸に、歌うような調べをかすかに感じるからだが、“うた”に乗せていくことのできなかったエピソードが「相克の崖」という散文詩に綴られているように思う。〈歳月のなかで体験と夢想との境界があいまいになるらしい。〉いわば、ギアチェンジがうまくいかなかったときに蘇る悪夢のような体験。まだ若かった語り手が、父を自死で失った友人の、あそこから見ると海がきれいだよ、という誘いに応じて、崖の中腹に腰を下ろして海を見下ろす。〈彼の境遇にそってあげたかった〉ゆえの実話なのか、〈彼の境遇〉を思うあまりに幻想が作り上げた恐怖であるのか。歳月が経つにつれて〈あの時わたしは実は海へ落下していたのではないかという懸念が消えない・・・いつからか落下したじぶんと落下しなかったじぶんとが相克を続けるようになっていた〉ここまでくると、夢想も現実も境界は無いに等しい。友人の体験への感情移入が、いつしか自己の体験に成り代わる。(私事になるが、従妹が自死した、という知らせを受けた後に、宇宙空間で、果てしなく落下していく夢を何度となく観たことがあるが、その時のことを思い出した。)

最後に置かれた「夜の椅子」は、


離別した朝の気配の

亡くした母の春の海の

救えなかった子の

暑い夏のおわりの

声のふるえる箸のはこびかたの

雨にぬれる指のかたちの

そんなひかりのような断片を

何度となく

繰り広げてみせる


と、とりわけ調べを強調した形で始まる。冒頭の〈すくい〉や〈ひかり〉、そして、悲を陽に変えてすくいあげる、はるかな場所から差し伸べられる指の気配と、この世に生きて指先を濡らす人の気配とが重なっていく。その〈ひかりの断片〉いわば、美しい記憶のかけらが現れるのを、詩人は夜の椅子に腰かけて“観て”いる。


 ときには

 遠い祖先の苦渋の痕跡があらわれたりして

 おもわず感謝しながら

 きょうも

 夜の椅子に腰をおろしている


現実と夢想との境界が限りなく曖昧になる時間、はるかな場所から差し入る〈ひかり〉としての記憶の訪れに身をゆだねる詩人。いつかそこに自身も加わり、またこの世を振り返るという安堵も重なっているように思う。読み終えて、静かな安らぎを感じる詩集だった。
d0264981_15323663.jpg

[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2018-11-13 15:28 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)

『丈高い赤いカンナの花よ』佐古祐二詩集 感想 

表紙絵にしばし見入る。

冒頭の「蝋燭」は、まさにエラン・ヴィタールの炎である。

「風花」の〈まぶしいふくらはぎ〉、「ささやかな贈り物」に登場する〝名古屋嬢″のような、おそらく女子高生の豊満な胸のふくらみ・・・西東三鬼の「おそるべき君等の乳房夏来る」を連想しつつ、異性の放つ根源的な生命力に出会うことで命の力がみなぎって来る、というのは、なんとも健康的な、南欧的なエロスである、と思う。生への躍動、たぎりたつような命の迸りへの憧憬、といえばよいだろうか。

「ある一つのシュールな暗喩」は不思議な余韻が残る作品だった。くだけたユーモラスな表現にまず驚き、〈季節はずれのハスの花〉・・・極楽浄土のすぐ傍らを、上着の襟をかき合わせて寒さに震えながらトボトボ歩く〈私〉が、〈赤いショートパンツにタンクトップ〉〈ポニーテール〉という、すっかりアメリカナイズされた、はつらつとした女性に追い越されていく、という対比が鮮烈。しかもこの女たちは、顔を後ろ前につけているというのだから(きっと、真っ赤な口紅もつけているだろう)すれ違う男を奈落へといざなう、ファム・ファタルのような不気味さもある。

「雪のペッチラさん」のようなユーモア詩もあれば、「記憶の効用」「陰・影と光」のような哲学詩もあって、多彩な詩集だ。陰影ではなく、陰と影、と区切るところに深さを感じる。デッサンではなく油彩であれば、さらに陰には色があり、影には形がある、ということにもなるだろう。それもまた、光が無ければ誰も知ることが出来ない。すべては、照らし出す光あってこそ、なのだ。

「アンスリウム・アンドレアーヌム」は、なるほど、確かにあの花の形は交合の瞬間を想起させるかもしれない、と思いつつ・・・男性が女性の性に対して持つロマンティシズム、あるいは幻想、をうかがい知るような印象を持った。性の高揚感に似ている、あるいはその高揚に連なる体験は、出産に関連する経験の中で探すなら胎動の瞬間・・・とりわけ、胎児がお腹の皮をぐいぐいとこすりあげるような・・・時の体感に近いのではないか、とも思う。性の高揚が匹敵するほどの強さ、大きさを持っているかどうかはひとまず置くとしても、小さな死、とも呼ばれる性の極点になぞらえうるものと言えば、やはり死に隣接する体験、という他はないのではないか・・・という気がする。いささか脱線したが、熱帯性植物の貪欲さや溢れかえるような生命力と、根源的な生/性の力動とが通底する、ということには、深く共感する。

「希望」「八月のボレロ」と読み進めて、闘病しながら詩作しておられる日々を想った。日常の中に生命力を喚起するささやかな、でも大事な何か、を見つけること、詩作へのエネルギーを得ること、生まれた詩からまた新たに得ること・・・それらが還流し合い、一つの流れを作っているように思う。物みな燃え盛る赤い八月、その中に重なるボレロの旋律、ジョルジュ・ドンの筋肉のうねり、しぶく汗、しなやかな動き・・・。

佐古祐二が好きだという伊東静雄の詩作品の中でも、八月の石にすがりながら燃え尽きるように果てる蝶の姿、〈燃え尽きることを恐れず〉燃える蝋燭のイメージも重なる詩集だった。

(2018年11月 佐古祐二さんの追悼にかえて)

d0264981_13435447.jpg






[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2018-11-12 14:00 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)

クロスロード12号 感想

d0264981_07081647.jpg
北川朱実さんの個人誌 クロスロード12号。
詩篇3篇、エッセイ2編を収める。

冒頭の「火花」は、

 大きな息を一つ吐いて
 緑の炎を噴き上げる
 シュノーケル

という、鮮烈ながら、なんとも不思議な情景から始まる。煙になる船底の板は、「鯨と旅をした話を/空にする」「燃える丸太から/チェンソーの音がはじけ飛んで/姿をくらます青大将」「砂に半分埋まった乳母車は/燃え上がった瞬間/ほら/あまやかな匂いを放った」・・・海岸に流れ着いたものを焼却処分している光景のようだが、詩人はその傍らで、燃え尽きていく物達が"語る"のを聞く。鳥の群れが飛び立っていくのを目で追うラストは、物達の時間と魂が放たれていくのを詩人の心が観ていることを映している。

連載エッセイ、「伝説のプレイヤー12」は、ジャズピアニストのソニー・クラークについて。「哀愁ただようマイナー(短調)な音」が、当時のアメリカでは受け入れられず、むしろ日本で好まれ、やがて逆輸入と言えば良いのか、「いつまでも届かない手紙のようだったソニーの、アメリカでの評価に繋がった」という。
セロニアス・モンクのピアノの魅力が「蹴つまずくようなタッチ」、バド・パウエルは「目の前で音楽が生まれる瞬間に立ちあったかのような衝撃感」であるのに対し、「ソニーの魅力は、衝撃感ではなく、少し重くて繊細なひっかかりのあるタッチ」だという。見事な描写に、いつも感嘆する。

やはり連載エッセイの「路地漂流12」は、作家の梅崎春生について。無頼というより、落第人生という感の強い生き方の作家が、雑誌編集者の山崎恵津と結婚した頃から精力的に小説を書くようになった、という背景には、やはり恵津の影響があるのだろうか。
「すべて、どんな動きをとるか見当がつかない糸の切れた凧のような存在」だという『狂い凧』は、戦時中に軍隊で睡眠薬自殺をした弟の忠生の生涯を描いた小説だという。鮮やかなイメージの源泉を問われて、「これでも詩を作っていたからね」と頬を染めながら答えたという梅崎春生。
不勉強で、まだ梅崎の小説を読んだことがない。読んでみたいと思う。

[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2018-10-29 07:07 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)

『軸足をずらす』和田まさ子詩集 感想

 前作の『かつて孤独だったかは知らない』(2016)では、移動する身体が呼び込んだ感情や体感と、深い知性に裏打ちされた思索とが接点を求め、時に共鳴し、時に軋みあいながら、和田独自の一致点を求めてうごめいているように思われた。

 今年の夏(20187月)に刊行された『軸足をずらす』では、精神が一歩先に出て、一致しようとする身体をむしろ後ろへ、後ろへと脱ぎ捨てて行こうとしているようにみえる。それにしても、軸足をずらす、とは、ユニークな題名である。軸足を、どこから、いずこへずらすのか。ずらすことで得られる、新たな地平とはどのようなものだろうか。試みに“身体”、“アジア”、そして“ニンゲン”をキーワードとして探っていきたい。

 

 詩集は「極上の秋」という作品から始まる。冒頭と後半を引用する。

 

 シュウメイギクが咲いている団地の

 角を曲がった、その角を

 同じ角度であとから曲がる人がいて

 真似られているから

 今日のわたしを一枚めくる

 もともとはがれやすい皮でできている

 おはじきのようにからだじゅうに散らばった感情が

 ひとつに集合し、かたまりのなかで

 じぶんと親密になる

 (中略)

 もう、ここに用はない

 理由があってもなくても

 靴底は新しい

 行きなさいと声がする

 角を曲がって

 にんげんが逆さに立っている野原まで

 (以下略)

シュウメイギクがもたらす晴朗な秋の気配の中を、〈用はない〉と言い切り、〈わたし〉は颯爽と歩いていく。今、居る場所から、歩み去ることから始まる詩集なのだ。皮をめくる、という身体感覚に即した表現や、〈おはじきのように〉という手触りのある鮮やかな比喩が、千々に思い乱れて自ら進路を取りかねているような心の状態を、的確に言葉に変換していく。まるで被膜のように肌を覆う過去の〈わたし〉、〈今日のわたし〉を脱ぎ捨てて、まっさらな身体で明日へと歩いていく、そんな決意が感じられる。

 〈わたし〉を取り巻く世界との軋轢・・・折り合いをつけるストレスや、他者の思惑への気遣い、人間関係のしがらみから逃れられない、今の〈わたし〉の思考回路をサッパリと脱ぎ捨て、ハンカチの上に拡げたおはじきをザーッとひとまとめに包み込むように、自分の気持ちをしっかりとホールドすることが出来たらきっと、晴れ渡る秋空のような心地がするに相違ない。続く作品にも〈昨日の雨が洗い流したから/欲望/沈滞/憂鬱/どれもわたしの身体を離れるだろう〉というフレーズがある。〈わたし〉は気持ちの“断捨離”を行おうとしているのだ。

 冒頭に現れる、角を曲がる〈わたし〉と〈同じ角度であとから曲がる人〉とは、何者だろう。〈わたし〉と同じ道を歩もうとする人と読むなら、〈じぶん〉はあえて一人の進路を選ぶ、という選択でもあるだろう。気持ちが先に立って、身体が後から付いてくるような時のもう一人の〈わたし〉と読んでみたい気もする。いずれにせよ、独立独歩の道を行こうとする〈わたし〉の歩行を促すのは、他ならぬ〈じぶん〉、つまり、〈わたし〉の精神、〈わたし〉の意志なのである。この孤独な歩行は、〈にんげんが逆さに立っている〉ような、今までの価値観が逆転するような場所、人間とはかくあるべし、というような既成概念が存在しないような地平に〈わたし〉を導くかもしれない。タイトル作品「軸足をずらす」の最後は、〈いい人だと思われなくてもいい/いつの間にかこの世にいたが/どこかに軸足をずらす/さみしい方へ傾斜するのだ〉と締めくくられる。独立独歩の歩行は、〈さみしい方〉を選ぶ、という選択でもある。

 一つ目のキーワードに“身体”を挙げた。巷間にある身体、様々な関係から逃れられない社会的身体としての肉体から、孤独な精神の歩みに重心を移すこと。〈軸足をずらす〉という試みのもたらす自由が、そこにある。

 

 二つ目のキーワード“アジア”は、「軸足をずらす」や「乗り越える」「苔玉」に現れる。アジア、と聞いた時に思い浮かべるのは、まずは東アジアから東南アジア、西アジアにかけての広い範囲の“外国”であろう。〈逃げるときは/そしらぬふうに/ゆっくりと歩く/混雑しているアジア/みんなが追っ手の目つきで並び/左右にからだを揺らして動く…平べったいからだになって/参道の流れに乗る〉(「軸足をずらす」)ここでは国名が明示されていないので、外国を訪れた時の体感の可能性が残る。しかし、〈アジアは満杯で/逃げ場を探す人たち/血がしたたる傷口が/東南アジアの地図上のどこにもあって/弟が飲み込まれていく〉と綴る「乗り越える」では、〈富士見通りの敷石〉や〈国立(くにたち)メガネ店〉と、明確に日本の固有名が登場する。「苔玉」では〈待ち合わせの鉄道の改札口の位置を探り当てられて/そこにアジアを混乱に陥れようとする人たちが迫り/またしても魚見橋のたもとで/行き場を失くした〉と、日本の橋の名前が出て来る。この魚見橋は、川崎市多摩区にある実際の橋の名称だろう。冒頭の詩「極上の秋」に登場する、〈五反田川〉に架かる橋である。〈わたし〉がいるのは日本という国、という通常の概念をいったん捨てて、〈アジア〉という広範な場所の中の一地点、という視点に、〈軸足をずら〉しているの日本、という枠組み、日本という構造・・・日本の中で生まれ育ったがゆえに染み付いている思考回路や既成概念の檻から逃れ、自在な視点を得るために、あえて外部に出る、外部から見る、という試み。〈わたし〉はアジアの一部でもある日本、と見ることによって、自身を客体化しているのである。

 〈混雑しているアジア〉、人で満杯の〈アジア〉は、〈わたし〉が生きるには息苦しい場所であるらしい。新たな視点を獲得した〈わたし〉が見出す〈じぶん〉の姿、〈じぶん〉の体感を見て行こう。

〈とても濃い世間に/息があがって/川の魚が口をぱくぱくしているから/人といると呼吸を整えられなくて/ときどき顔を背ける〉(「軸足をずらす」)(※〈川の魚が口をぱくぱくしているから〉という挿入句も面白い表現である。川の魚のように、という直喩を避けたのだろうが、苦し気な魚を見た瞬間、自身がその身に同化しているゆえの表現とも取れる。この、別種のものに“なる”ことについては、また後に触れる。)

〈結論を急ぐ人たちに囲まれて/姿勢を正し/人の目を見て話す/それだけのことができない〉(「突入する」)

〈世の中はあらゆることが二者択一で…二十四時間人間でいることを求められる/人間が過剰だ//アジアは満杯で/逃げ場を探す人たち~〉(「乗り越える」)

〈どのシステムでも人間は最後尾にいて/足踏みをさせられている/あるいは指に熱中して/時間を忘れさせられている〉(「生きやすい路線」)(※指が触れているのは、スマホの画面と思しい。)

〈わたしは耐えているのだろうか/いい人になるためにしなければならないさまざまなこと/世の中への参加の仕方/過ぎ去った時間の忘れ方〉(「戸が叩かれ」)

 同調圧力が強く、空気を読むことが求められ、人と呼吸を合わせること、和を乱さないことが強く求められる傾向のある、日本。自己主張を抑え、群衆に身をゆだねることが〈人間〉だというなら・・・〈人間〉とは無言で社会の為に作動する、歯車の一部、部品の一部と、どこが異なるというのだろう。和田が「極上の秋」で記した平仮名の〈にんげん〉が、〈人間〉の理想的な姿であるとするなら、〈ニンゲン〉は社会の型枠に嵌め込まれ、息を殺して生きのびることに何の疑問も感じなくなってしまった、機械のように感情を失ってしまった〈人間〉のことに相違ない。

 

 第三のキーワード“ニンゲン”は、二篇の詩に登場する。

〈体温を測ったり/身長を測ったり/人との距離を測ったり/ニンゲンは測るものが多くて/ますます生者から遠のき〉(「上手くふさいでくれる唇」)ここでは、数値ばかりを追い求め、“にんげんらしさ”を失ってしまった〈人間〉が、〈ニンゲン〉に化している。

「石を嗅ぐ」では〈部屋はニンゲンの酸っぱいにおいで充満しているので/外に出て/見上げると/屋根は二枚の袖のかたちをしている/その上は空だ/人はあふれて/住むところを探している/郊外では/屋根の傾斜が急で/ニンゲンはそれぞれの屈折角度で滑り落ちていく/すると地上の悲嘆は着物のように折り畳まれて/空の箪笥にしまわれる〉というように、空が自ら袖を広げているような大きな視野の中で、人心地を取り戻せる居場所を探し続けるたくさんの人々、ラッシュアワーの通勤地獄や企業の効率主義によって人間性を奪われ、悲嘆を訴えることもままならず〈ニンゲン〉と化していく、郊外のベッドタウンの住人達が描かれている。

 第四のキーワードとして、人間でないものに成る、という願望を挙げても良かったかもしれないが、人間、あるいは人、に合わせていくことも辛い、ニンゲンには成りたくない、出来れば〈にんげん〉のままでいたい・・・それが〈わたし〉の願い、として包括できるので、項目としては挙げなかった。『なりたい わたし』の余韻が、ここにも響いている、と言えばよいだろうか。

 やわらかな餅が切り頃になって、切断を始めた母に〈ねえ、おかあさん/それ、にんげんの腕だよ〉と語りかける「のし餅」を読むと、やわらかなまとまりの状態、不定形でどんな形にでも成り得る状態が〈にんげん〉で、規律正しく切断され、整えられていくことが〈人間〉もしくは〈ニンゲン〉になっていくことだ、と和田が考えていることがわかる。自らが芽吹く野山そのものになっていくような「内藤橋」には、〈ココロをコトバに変えないで/人と接したい〉という願いが綴られている。「石を嗅ぐ」には、〈明るい草がなびいている野原に/分身を/見つけに行く〉というフレーズが現れる。「新聞になる」は言葉を運ぶ紙面そのものに成って読まれ、滅びていきたい、という願望であり、続いて置かれた「溺れる」は、一尾の魚、それも切り身となって〈人の腹に収まりたい〉という究極の夢想が展開される。詩人としての最終的な願いは、気持ちや想いをそのまま他者に伝え、そのままに消費されてしまうこと、味わい尽くしてもらうこと、であるのかもしれない。

〈みっともないことも少ししたが/ことばでもからだでもないところが/すばらしい速度で/成長している…いまはただのにんげんのくずになろうとも/まだ新しい一ページを開こうとしている/路線バスからの眺め/きっと美しい〉(「生きやすい路線」)

 〈軸足をずらす〉ことによって得た、一人の自由と、さみしさへの傾斜。大勢の人が乗り込む高速バスではなく、客もまばらな路線バスに乗ることを選んだ詩人は、こころの・・・魂の成長を、確かに感じているに相違ない。彫刻家の舟越保武が以前、美しいものがあるのではない、美しいと感じる心があるのだ、という意味のことを語っていた。〈路線バスからの眺め〉が、確かに美しい、と感じ取れるようになったとき、和田まさ子は“ほんとうのにんげん”になるのだろう。その時に生まれる詩は、さらに素晴らしいものであるに相違ない。

 

 装幀もさりげないが意匠がこらされている。打ちっぱなしのコンクリート壁のような無機質で冷たい質感を、リトグラフのような描画で写し取ることによって温もりに変えた表紙カバー。ほのかに光がさした天然石のような肌合いは、和紙の風合いを持つ紙質によるものだろう。見返しにもニュアンスのあるトレーシングペーパーを用いて、光を添えている。装幀、組版は詩人の岡本啓。

『軸足をずらす』2018.7月 思潮社刊

d0264981_12203513.jpg
d0264981_12204738.jpg
d0264981_12205884.jpg


[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2018-08-23 12:17 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)

鷲谷みどり 詩集『標本づくり』書評(『詩と思想』6月号掲載記事より抜粋)


優れた詩集に出会うたびに、人の持つ奥行きの深さ、創作という行為の広範な広がりに瞠目する。「現代詩」の修辞的技法は既に飽和状態に至りつつあるのかもしれないが、その用い方、組み合わせ方の多様さや斬新さに驚く。そして、その驚きを誘発するものこそ、作者個々人の内的世界の豊かさ、かけがえのなさなのであると、改めて認識する。


作者の選び取った言葉を介して、絵画のようにイメージが展開していったり、映像作品のようにさらにそれが動いていく詩集があり、言葉の響きが次々と新たなイメージを呼び込みながら、万華鏡のように移り変わって未知の世界を見せてくれる詩集がある。今、わたしが「ここ」にあること、その意味をまっすぐに、あるいは迂回しながら問いかけて来る詩集、現代社会をドキュメンタリーのように切り取りながら、表層を剥ぎ取り、背後に蠢く人間の欲望を暴き出していく詩集、見慣れた日常に秘められた美しさを偏光顕微鏡のように露わにする詩集がある。経験から滲みだすユーモア、心の鍛錬が磨き上げた思想、同時代に生きる人々や過去の歴史への眼差しが促す深い反省。「100人の詩人・100冊の詩集」を読みながら、その多彩な色彩に触れていきたい。


鷲谷みどり『標本づくり』は、今年度(68回)H氏賞候補に会員投票でトップノミネートされた詩集。夢や記憶、自意識といった〝とらえどころのないもの〟に〈かたち〉を与える詩情や意識の働きを、透明感のある筆致で捉えた秀作である。


動物園やサーカス、水棲植物園などがモチーフとなる一章は、不思議な静寂に満ちている。〈夜のしずく〉のしたたりの中から現れ出る、フラミンゴや鳥たち、象、あるいはサーカスの猛獣のイメージ。〈私の仕事は〉〈とうめいな一日の隙間に/いきものたちが 潜り込んでいかないように/見張ること〉(鳥小屋)、〈今日のけもののいのちの範囲を/手さぐりで整えていくこと〉(猛獣使い)なのだが、たとえば〈象のかたちが 整っていけばいくほど/自分の網み目が ゆるんでいくような夜/私は ふと/象のほんとうのかたちを/知らないことに気付く〉(象使い)。象を像と読み替えることも可能かもしれない。鳥のような、猛獣のような性質を帯びた〝何か″のイデアとして現れ出るものに、〈かたち〉を与えること。それは、名付け得ないものに見合う言葉を求め、意識によって捉え得るものとする行為である。漠然とした夢に〈かたち〉が与えられたとき、そのイメージは息づき始める。〈私〉の中でいのちを持った〈いきものたち〉を見守る〈私〉の視線は、自身の〈りんかく〉の曖昧さへと向かう。


昨日の私が、明日の私へと続いていくこと、その保証は自らの記憶の内にしか存在しない。しかしその記憶は、小さな刺激でほつれていく編地のように頼りないものに過ぎない。この確かなようでいて曖昧な〈私〉の存続という哲学的な命題に、鷲谷は豊かな想像力(ファンタジー)と蝕知的なイメージを介してしなやかに向きあ。夜毎に花のように閉じられるの意識が再び広げられるとき、その白い折り目に溜まっ(魚の夢)のイメージは鮮烈である。鷲谷の底にある井戸は、こうして夜ごとに滴る詩情を汲み上げる水脈となる


もう一人の私を夢想し、あるいは有り得たかもしれない私の〈標本〉を作り上げるかのような繊細な手つきで記された二章は、記憶の中の私、早逝したらしい姉の姿に重なっていく私、想像力が作り出したかもしれないもう一人の私を、こけしや張り子の人形、あみぐるみ、刺繍などの手仕事のイメージを介在させながら、情感豊かに追っていく。〈かたち〉を持った時から、〈死〉への逃れようもない道程に置かれることになる〈いきもの〉の宿命。生の一瞬の輝きを持ち帰り、ひとつの〈かたち〉へと再構成していく「標本づくり」とは、曖昧なイメージに〈かたち〉を与え、記憶の断片を物語に再編していく詩作のアナロジーでもある。


函館出身の鷲谷ならではの冬や雪の捉え方も魅力的だ。雪男や雪女を独自に捉え直し、〈いのち〉や〈かたち〉についての詩想を展開していく。全篇を通じて、卓抜な比喩が理智と詩情とを巧みに結びつけている。


装幀も美しい。白地に砕け散るガラスの破片、その向こうに伸びる、繊細なトンボの翅脈。高島鯉水子によるデザインは、詩集の情感を見事に形象化している。


(『詩と思想』2018年6月号「100人の詩人・100冊の詩集」を読む19 より)

※ブログにアップする際、自動的に字体が変化してしまうようです。修正を試みましたがうまくいかないので、そのままにしてあります。

d0264981_09065022.jpg


[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2018-08-20 09:05 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)

『旅の文法』柴田三吉詩集 感想

 真っ白な詩集を、石の表面のような簡素なカバーがくるんでいる。詩集『旅の文法』は、三部構成の一章と、「寓話」と題された二章からなる。

 冒頭の「椎の木林」、一瞬、椎の森、と読み、木材、と読み、椎の木ばやし、と読み直した。そういえば、昔はよく「雑木林」という言葉を使った。今は縁遠くなってしまったが、こうした身近な“はやし”のイメージなのだろう。縄文時代から私たちが食べ続けて来た椎の実を冒頭に置くことの意味を考える。地域の運動会の折に、幼児だった子どもたちと一緒に拾って、生のまま椎の実をかじったりもした(腹を壊したらどうする、と後で夫に怒られたが)。昔から私たちの糧になってきた椎の実。〈山のふもとの椎の木林で/かなしい を見つけた〉その隣では〈さびしい と/いたいたしい が見つかる〉。詩人は〈植物博士は椎の木の新種だという〉と、ユーモラスに記すのだが・・・〈やさしい は/おかしい は/うれしい はどこに と/さがし歩くひとびと〉と続く作品に、現在の日本の情景と柴田の想いが透けてみえる。

 続いて置かれた「創世記」は、除染、という言葉を一言も使わずに、除染へのやりきれない思いを綴っている。〈地面をはがす・・・ご先祖さまの魂まで袋に詰められた・・・なくなった地面に歴史を置く場所はありません〉という詩句に、被災地への深い共感と静かな怒りがにじむ。すべてを剥ぎ取られた土地で、新たに歴史を刻んでいく、ということの重さを、〈ただひとり〉という孤独を感じている者に、負わせてしまってよいわけがない。でも、私達に何ができるのだろう・・・・・・ただ、自問自答する他ない虚しさ。「やがて沸騰し」は、被災地での(まだ余震が続く中での)火葬場での光景を描いている。ここでも具体的な地名は一切出てこない。参列者と思しき語り手の最後の言葉、〈私はまだ悲しみに届かない〉という一節が響く。「靴を洗う」この作品でも、被災地の固有名は現れない。しかし記されないことによって、今私たちの居る場所が、〈その地〉にもなり得る、そのことをあぶりだしているような気がした。柴田が実際に被災地を訪れた時の体験を記したこの作品では、靴に付いた〈こまかい土〉〈見えないものを含んだ土〉を洗い落とし、〈見えないものが付着した髪を丹念に洗い/つねとは異なる泡を流す〉その泡を海へと続く排水口へと流す行為について、詩人は〈暗い家の中 灯りをともし/小さな影を映すわたしは/罪を犯したのか〉と省みる。灯りはもちろん、電気の恩恵である。文明の享受と、そのあまりにも大きい代償への想い。2014年公刊の『角度』でも、被災地への深い共感を綴っていた柴田。一部の最後に置いた「ズーム」は、グーグルの航空写真をズームして、被災地にある〈百年前、父が生まれた家〉を探し出すところから始まる。ルーツを〈その地〉に持つ詩人の心の旅。

 二部は、〈朝 台風が二つ釣れたので/目玉焼きにしてたべました〉というユーモラスな書き出しの「絵日記」で幕を開ける。群れ飛ぶ飛行機を〈ねずみ色のトンボ〉に喩え、ひとまたぎで空からサンゴ礁の島々まで足を踏み入れる見えざる存在は、青空や入道雲のような姿をしているのかもしれない。子どものようなあどけない文体で、千年をほんのひとときと見る天界の幼子が綴る絵日記。この島々は琉球弧なのだろう、続いて置かれた「沖縄」は、ストレートな題名と共に沖縄の背負う歴史そのものを体現するかのような老婆が登場する。

〈老婆の影のなかに/死者がひしめいている//影から這い出そうとする/濡れた手や足/そのたび 鎌のような日差しが/カッと照りつけては はみ出たものを/刈り取っていく・・・白くまばゆいサンゴの浜にも/死者はひしめいているが/日差しはなお激しく/だれも 地上に/這い出すことができない〉

 この詩を読んで、私自身が沖縄を訪れた時に感じた体感――葉陰や物陰から、誰かが、何かが見ている、そこに居る、ふとした折に手を伸ばしてくる、でも、なぜか怖さや不気味さは感じない、むしろ包まれるような温かさすら感じる、という不思議な“感じ”・・・・・・恐らく、事前に学んだことや、沖縄戦の資料館を訪れた時の衝撃、今でも畑を掘り返すと人骨が出て来る、というタクシードライバーの話を聞いたことも影響しているだろうと思うのだが、沖縄で体感した不思議な感覚――が、沖縄を体現するような老婆のシルエットと、目に痛いほど白く輝く骨片を敷き詰めたような浜辺との対比の中に描かれているように感じた。

 「大根だかゴボウだか」は、〈あしたから大根の引っこ抜きやな〉という若い男のつぶやきから始まる。〈大根じゃないさ ゴボウだよ/手もなくするっと抜けるさ〉本土から辺野古に集まる市民を排除する役割を担わされた青年たちなのだろう。人を、あえて人と思わないようにして、任務を果たそうとする。〈その夜 男は打ちひしがれ/かたい寝床で丸くなった//(島を引き抜くような重さだったじゃないか)//手のひらから引かない脂じみた汗/怒りには慣れているが/悲しみはつかんだことがなかった〉と締めくくられるこの作品は、人を人とも思わないように仕向ける権力構造が林立させた“椎の木”への、人間としての想いを綴っているように思われてならなかった。

 沖縄をテーマに編まれた二部に続いて、三部は朝鮮半島を旅した時の印象が主題となる。表題作の「旅の文法」は、〈はじめて訪れるとき/ただひとつの文法を覚えていった//トイレはどこですか//知らなくても死にはしないが・・・けれど忘れると/いのちにかかわることもある〉詩人は「トイレ」という一語を〈寒さをしのぐテント/かわきを癒す井戸 シェルターは/境界線はどこですか〉と応用しつつ、現状への想いを綴る。万人が必要とするトイレ。生理現象には国境も国益も主義主張も関係ない。同じ人間同志が、境界線を設け、いがみ合う切なさ。

 〈バス亭の向こうは/見渡すかぎりのトウガラシ畑/熟れた実が風に揺れ/夕日に燃える雲のようだ//かつて千の塔 千の石仏が/この野に満ちていたという〉という印象的な光景から始まる「雲住寺」では、老人が〈草むらに散らばる石くれを指さし、古い日本語で教えてくれ〉たことが、そのまま記されている。老人の日本語は、併合以来、“国語”として覚えさせられた言語でもある。〈これも仏、あれも仏、トヨトミの軍勢が壊していったのですよ。〉詩人の想いは、露わに語られることはない。しかしかの地で出された冷麺を、〈石仏の血管のような麺を/喉に詰まらせながら〉食したという行為の中に、そして、〈トウガラシをまぶされた/全羅南道の ひりひりした夏〉と感じ取った肌感覚の中にひっそりと保存され、読み手に静かに手渡される。

 二章には、柴田が社会や歴史に対する時の思いを寓話の世界に昇華して綴った作品が収められている。日常生活とからめたユーモラスな作品もあるが、「何者でもないわたしが」に現れる、根源的な倫理に触れていくような一節に胸を突かれた。〈だれもが わたしを/日本人だという なぜだろう/枝からこぼれ落ちた椎の実のように/この地の養分によって/根を伸ばしたからか・・・あの全さん あの楊さんから/額を指さされたならば/わたしは日本人であることを/引き受けなければならない・・・ひざを折って死者たちに/祈りを捧げなければならないだろう//人が 人を赦すまで/人が 人に赦されるまで〉

 柴田ひとりが負わねばならない罪ではない。しかし、私達ひとりひとりが、日本人である限り、自覚し、引き受けねばならないことであるに相違ない。その自覚を持って、死者に祈りを捧げること。互いに歴史と思いを知り、そして、赦しあう、ことにしか、道は求められないだろう。

 互いに赦しあうまで、祈り続ける。詩を綴ることは、祈りでもある。


                     『旅の文法』ジャンクション・ハーベスト刊 2018.5.20.


[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2018-08-10 09:17 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)

『洋裁師の恋』岡島弘子 詩集 感想

 格子柄のひと区画に、小さなボッブルを並べてドット模様を織り出したような、味わいある布地・・・・・・を白いトレーシングペーパーに印刷した、紗幕のようなカバーをそっとめくる。木漏れ日に照らされた、暖かそうなグレー地に藍と洋紅を控えめに配したストライプ紋様の前身ごろが眼に飛び込んでくる。大きな黒いボタンが二つ。縦に並んでいるが、じっとこちらを見つめる瞳にも見えて来る。カバーを透かして色が仄見える美しさに、しばし見入った。カバー写真は、かつて洋裁師だった詩人が自ら仕立てた、イタリア製生地によるコートだという。

d0264981_11221540.jpg
d0264981_11222813.jpg

 冒頭の「息をする」は、明るい窓際で洋裁にいそしむ作者の指先が、ボタンを取り上げるところから始まる。縫っているのはやわらかなブラウス、ボタンは虹色に光を反射する貝ボタン。〈光と風の中から つまみあげると/息を吹きかえすボタン・・・あふれそうなものを おしとどめるように/きえ入りそうなものをひきとめるように/さいごの糸をむすび切ると/その旅をおえて/ボタンはブラウスの一部となる〉。ボタンが、ボタンとしての役割を果たすために布地に縫い付けられていく行為を綴るのではなく、その時にボタンがかすかに繰り返す息づかいに気付き、耳を澄ませる繊細さに心惹かれた。

 ボタンはこれから、どのような人生ならぬボタン生を送ることになるのだろう。きっとドキドキしながら、糸穴をくぐる針と糸の動きに身を固くしているに相違ない。それは、見えざる手で地上へと取り上げられ、一枚の布という一つの場所に縫い留められていく、人の一生に似ている。様々な糸(意図)がボタンの身の内をくぐり抜け、布地に固定されていく過程を経て、〈ボタンはブラウスの一部となる〉。それは幼少期から思春期を経て、様々な刺激を経験しながらやがて一つの家庭という場所、洋裁師としての/詩人としての“仕事の場”を得て自分の生を生き始める、そんなしなやかな女性の一生にも見えてくる。

 ブラウスの一部となったボタン(成人して、自らの生を生き始めたボタン)は、想いの宿るバストをつつみ、その魅力をアピールし、時には〈いつかボタンをはずしにくる 誰かの指を想って/また息をする〉。まとうものを越えて、想いに触れようとする人との出会い、それこそが、恋を待つ心情であり、期待でもあるだろう。〈ボタンが守るものは/女体のかたちをしたみず/そして息をひとつ またひとつ/ボタンは貝であったころの/うみの呼吸をとりもどす〉。自分のルーツに想いを馳せながら、自由にのびのびと息をしているボタンが守っているもの、それは、〈女体のかたちをしたみず〉だという。想いの宿る肉体は、6割から7割が水で出来ている。そうした科学的事実だけではなく、水の詩人、と呼ばれた岡島自身の詩の肉体、その〈かたち〉を守るボタンというイメージも重なっていく。詩のテクストという表層に散りばめられた、言葉というボタン。自由に息づくボタンをそっと外すと、行間や詩行の奥に包まれた詩の肉体に、触れることができるのかもしれない。

 洋裁師という名にふさわしく、洋裁の道具や小物、手仕事の実際に即した、リアリティーのある豊かな比喩が印象に残る。〈空のすそをレースでかざり/刺繍するようなクモの糸〉(「絹糸となるところまで」)。長年、〈わたしの全生涯をかけた重み〉を支えて来た足の裏を〈たいおんといのちのほてりをもったアイロンにかえて〉様々な歪みやよじれ、皺のよった日々の思いを静かに伸ばしていくような、大地を踏みしめながら立つ女性の力をも感じさせる「アイロン」。〈ミシン針のようなあめがおちてきた〉あるいは〈やまない運針に/よすみがかがりつけられる〉という表現がインパクトを持って迫って来る「カサをわすれて」では、激しい雨に降り籠められて動きが取れない様と、鋭く心身を打つ言葉や運命に逃げ場もなく刺し貫かれていく心のイメージが重なっていく。多彩な緑に彩られる大地を色とりどりのパッチワークにたとえ、〈昼のさき/太陽のかげ〉に、見えないはずの〈たくさんの星〉を感じ取る心が見た景を〈刺繍でいっぱいの空〉にたとえる「パッチワークと刺繍」は、見るもの感じるものがすべて新鮮で輝いていた子どもの頃の視線と、洋裁を身に着け、目に見える行為の背後に見えない世界を感じ取る詩人の視点をも持つようになった大人の視線との双方が溶け合って生まれた作品であるように思う。

 〈にげまわる布はおさえ/ふたしかなものはばっさり裁つ/カーブとふくらみ/あまやかなものは裁ちバサミの先端からうまれる〉〈バラバラだったものはまとめ/反発しあうものどうしをひきよせ/待ち針でとめる/しつけ糸でしばる〉・・・たとえば「ドレスができるまで」に、リズミカルに細やかに記された手仕事の描写は、人生で出会う様々なシチュエーションで詩人がどのように対処して来たか、という人生の物語のメタファーともなっている。「ビリでも」など、ミシンの物音に〈うた〉を聴き取り、そこから意味を読み取っていくユーモラスな擬音が楽しい作品もある。このような、洋裁という行為から新たな意味を読み取っていく感性や「言葉」に対する鋭敏さが、ひとりの少女、ひとりの女性を詩人へと誘ったのだろう。

 風にそよぐ木々のさやぎを聴いて、〈樹々は自分の本当の名前を/空に届けようと/くちぐちにさわいでいる〉と感じ取る詩人は、対比するように〈私は私の/本当の名前に出会えない/本当の物語をまだ読みおえていない〉と静かな、しかし強い決意をにじませる。〈風の指が私を忙しくめくっていく/私からこぼれたおびただしい言葉を/風はとても正しく読んでいく〉。一冊の本、あるいは言の葉をまとう一本の木である〈私〉。その〈私〉から知らぬ間にこぼれ落ちていく無数の言の葉、風は正しく読んでいるのに、〈私〉自身が知らない、というその言葉を、たとえば草陰から飛び立つ羽虫のように、あるいは風に種を飛ばすアザミの冠毛のように、詩人は投げ上げ、捉え直そうとする(「本当の名前」、「空をすこしください」)。はじめて詩を投稿した時の思いをつづった「洋裁師の恋」の中に、〈つかんだ詩のことばをかきあつめては/キリキリふりしぼって命中させていた/投稿欄〉というフレーズがあった。いつのまにか、〈私〉からこぼれ落ちて行ったことばを、洋服を仕立てるように、〈切れた糸で 曲がった針で/刃こぼれの裁ちバサミで/詩をつむぎ仕立てはじめた〉詩人。集中には、タイトルにふさわしく、仄かな初恋の思い出、失恋、生涯を決定づけるような大切な人との出会いなども綴られている。しかし、その中でも最も長く続く恋は、〈ことばへの憧れ〉であったのかもしれない。

 「雪」「水と駆ける」「はかりしれない水のゆくえ」と続く流れ、そして〈水にゆるされて・・・この星をはなれようとしている兄〉への思いをつづった「いのちの春」、〈天の一滴を待って/点滴につながれ私も植物になる・・・水がせせらぎとなって幹をめぐり/一滴 一秒 一滴 一秒 としずくが/私をおとずれる〉のを鋭敏に感じ取り、〈いのちの一滴を待ちながら/点滴の管をたぐると/そのむこうに父の気配〉を幻視する「天のひとつぶ」などが、読み終えた後も深く心に残った。詩を生み出す体を〈女体のかたちをしたみず〉と捉える詩人の、水への思いがみずみずしく溢れている。

 最後に置かれた作品、「もうすぐバスがくる」は、〈ふりそそぐものを太い胴で押して/もうすぐバスがくる〉と始まり、赤ん坊から老人までの待合客に命の時間を重ねながら〈私は私一人をささえるために/私によりかかって待っている//雪にかわる前の雨を押して/もうすぐバスがくる〉と締めくくられる。詩人にいのちを与え続けた〈天のひとつぶ〉のように、静かにふりそそぐ水。天と地を結ぶ雨は、押しのけられるものとして、今はやわらかくそこにある。いつかミシン針となって降り注いだ雨のように激しく身を刺すことは、もはやない、というかのように。

『洋裁師の恋』思潮社 2018.7.1.


[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2018-08-09 11:21 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)

『端境の海』麻生直子詩集 感想

 小雪の舞う冬の原野に、黒地に青のグラデーションを響かせたアイヌ紋様刺繍が浮かび上がる。色味の異なる二種類の白で腰から下をキリリと締めたような美しい表紙カバー。中央にほうっと神秘的な光がにじみ出しているような作品は、チカップ美恵子の「シンルシ/苔」という作品だという。

d0264981_13111871.jpg

 端境(はざかい)と書いて、ハキョウ、と読ませる。破鏡にも通じる凛とした響きの美しさと、なにかが現れ出るような、海の狭間。分かたれた二者が、海のゆらぎの内に再び出逢う、その場所であるのだろうか。

 

 詩集は「死者は仮面をかぶって逝く」という作品から始まる。〈死者は仮面をかぶって逝く/だれもが/やすらかなほほえみさえ浮かべていたという〉死者のかぶる仮面とは何か。〈やすらかなほほえみ〉を浮かべているのは、恐らくは死者であろうけれども・・・そのほほえみが仮面なのか。二連目の一節〈視る意識は/生きているひとのものだ〉が胸にずしんと落ちて来る。死者がほほえみを浮かべて逝った、と〈視る意識〉は、遺された者がそう願うゆえの幻想なのだろうか。あるいは死者の側から見た時、遺る者たちが皆、〈やすらかなほほえみさえ〉浮かべていた、というのか・・・。生きているひと、遺されるひとが〈見失い/見捨てた父や母や子を/その関係の糸のなかで囲いこみ/とむらいの冷気を黒衣で曳いていく・・・わたしたちとあなたたち/わたしとあなたが/無関係をよそおっている無表情な仮面を/仮面のなかでつちかわれた想像力を〉ここで、断ち切られるように二連は途切れ、詩は大きく広がっていく。〈棄民の時代〉に響くモンゴルの民謡、〈惨死を生きた死者たち〉へ、〈わたしたちとあなたたち〉へとゆるやかに、しかし研いだ刃を返すような鋭い一閃を差し込ませながら。

 〈視る意識は/生きているひとのものだ〉〈祈りの安息は祈るひとのものだ/それが生前あなたがしてきたことだ/あなたたちとわたしたちがしてきたことだ〉読者である“私”にも、まっすぐに差し入って来る言葉。それは、生者が死者の側に立って、そこから生者を見据える言葉だ。生者の中には、この詩を書いている自らが真っ先に含まれるだろう。死者と生者が、相互に傷つかぬよう、間に置いて来たやわらかな隔たりは、実際には生者が己の心を鎮めるために偽装したなにか、ではなかったか。〈共生をうたいながら/きょうも 未成のぎまんの物腰で/死者に仮面をかぶせないで〉。まっすぐな祈りの言葉は、願いであり、〈仮面〉をかぶせてきたわたしたちへの告発でもある。個々の家族の死者と生者の間にもある“なにか”は、天災の被災者と為政者、内乱や戦乱の被害者と権力者、虐げられた人々と虐げる者たちとの間にも存在する。両者を隔て、死者に無理やりかぶせられてきた仮面を、この詩の歌い手は取り外そうとする。〈死者の黙示を/かたりえるひととなる/そのひとのこえとともに〉。最終連に記されるのは、自らが語り得る人にならねば、という強い意識であると同時に、自分を越えた何者かの訪れに寄り添い、〈そのひとのこえとともに〉この詩集の詩を紡いでいこう、という想いなのではなかろうか。

 

 詩集は三部構成となっていて、一部には麻生自身の思い出が色濃く反映されている。別れや喪失と遭遇した時、ひとりで旅をする〈冬の波濤が風笛を吹いていた〉北の町(「雪の道」)。それは、かつては母が待っていてくれた、そして今はもう、誰も待つ人のない、故郷の町であるのかもしれない。ふとしたきっかけで湧出する、許すことの出来ない父への思い。〈わたしのかなしみを葬るために/時鳥のように/旅枕に姿をあらわず母がいる〉それは、旅先の追憶の中で、先に逝ったはずの母が思いがけず身近に現れた時の想いであり、死者が生者の悲しみを鎮魂する為に訪れてくれるという逆転に気付いた瞬間でもある(「風祀り」)。結婚が破談となった時も、母は何も語らぬうちからすべてを察して待っていてくれた。上京する際、その母を捨てた、という思いが、ことあるごとに詩人を責め立てていたのかもしれない。積年の思いは幻想の砂塵となって詩人を埋め尽くそうとする。

 だが故郷は、そうした様々な思いを受け止め、〈だれもかれもごっちゃになって戻ってくる〉いつか帰りつく場所、静かに待っていてくれる場所、〈心の在り処〉であり続けている。そんな故郷へ、詩人は〈美しいものをみるときは/いつも慕わしい人を憶いましょう〉と歌いかける(「姥神まつりのころ」「江差のうた歳時記より」「江差港へ」)。思う、でもなく、想う、でもなく、追憶の憶う、を当てる繊細さの中に、先に逝った慕わしい人々への想いが込められているように感じた。

 沖縄、韓国での体験や想いを歌った詩から始まる二部は、二つの世界が触れ合った瞬間・・・まさに、端境で感じ取った想いを書き留めた作品が収められている。外海と内海がせめぎ合う、その場所からやって来た人が手渡してくれた〈貝殻骨〉は、〈精緻なセンサー〉になる、という。それは詩人が身に供えておくべき感覚であるのかもしれない。天の川で隔てられた二人を出会わせるカササギは、韓国ではカンチェギと呼ばれるとのこと。詩人のふるさと、奥尻島でも、中国でも、インドでも輝きを放つ螢たち。アイヌ語ではぺカンペ、ベンガル地方ではパニ・フォルと呼ばれる菱の実を、万葉のうた人もまた、歌に残していること・・・国、文化、時空を隔てているものが、名前を通じて出会った瞬間に生じる感慨を捉える〈精緻なセンサー〉こそが、人に詩を書かせるのかもしれない。このセンサーは、亡き人(の気配)が訪れた瞬間をもとらえる。(「フィリリリ フィリリリ」、「供花の庭」)。集中、「今日、首を切られる黒山羊のために」という詩は、迫力に息をのんだ。〈今日、首を切られるちいさな黒山羊のために/尻込みして/足を踏ん張っているのはわたしだ〉インドのカーリー女神を祀る神殿で、実際の供儀に参会した時の作品だろうか。食事もまた、自らの身を養う生贄である、という意識を、日々、私達はどれほどに抱いているか。その私たちもまた、天災や自然の摂理、宿命によって、いつか供されることになるやもしれない。いずれにせよ、地上の生は必ず終焉する。その時までをどう生きるのか。〈わたしがわたしであるために/斧を見上げる〉という終行が深く心に残った。

 「亀裂に棲む蟹の哀歌」で始まる三部は、生者と死者、現世と異界、現実界と想像力、覚醒と夢想の世界とを隔てる端境・・・その亀裂の中に身を置いて語りだされた作品と言ってもよいかもしれない。「悪魔の排泄物」は想像力の世界で生きのびて来た〈妖怪と魔物〉についてユーモラスに書き出されるが、現実界において〈人や物にとりつく/無色透明な憑き物が確かにいる/確かに存在することを見に行かないだけだ〉という鋭い指摘から〈積み重なって折重なって増殖し/犇(ひし)めいている黒の物体(フレコンバック)が丘陵をなしている〉光景に行き当たると、私達が知らぬ間に憑りつかせてきてしまったもの――経済偏重、生産性讃美の風潮――が寒々しく身に迫って来る。それを、クーラーの効いた部屋で、文明の恩恵を享受しながらパソコンに向かっている私の矛盾も、ひとつの憑き物であるには相違ないのだが・・・。

 最後に、あとがきのように置かれた「母と漁火」が、静かに明るい光を残してくれた。子どもの頃は、男たちにまじって危険な海に出て働く母への想いが、心配や恐れ、哀しみとなって詩人の胸を占めていたらしい。それは詩人の生まれ持った強い共感力によるものでもあろう。船酔い、重労働、心細さ、そうした母の辛苦を思い遣って、小さな胸を痛めていた少女が、やがて八十歳の母を伴って故郷を訪れた時、母と共に働いていた、という人の話を聞く。〈大漁の日は、男たちに敵わないが、漁の少ない日は、お母さんが一番多くイカを獲って、自慢をする明るい人だった。いつも懸命に働いていたよと、話してくれた。〉淋しく、辛いばかりではない、懸命に明るく、誇らしく働いていた母の姿。それは、自身も母とは別の、しかし時に同様の苦労を経験し、懸命に生きて来たからこそ、実感できた喜びであったのかもしれない。“私”の知る母と知らない母とが、端境の海で静かに溶け合う。そこに生まれた安堵。〈わたしとあなた〉の記憶が巡りあう場所・・・それが、端境の海であるのかもしれない。

                                  『端境の海』思潮社 2018.6.30


[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2018-08-08 13:10 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)

『しおり紐のしまい方』上手宰詩集 感想

 皺を与えた和紙に藍の染料を沁み込ませたような表紙カバーをめくると、鮮烈な赤が眼に飛び込んでくる。着物の裏地の紅絹のようなひとすじの艶やかさ。着物の重ねのように、藍、白、赤を重ねた色合いは、和風のトリコロールとでも名付けたくなる。

d0264981_13541934.jpg
d0264981_13543590.jpg

 巻頭に置かれた「詩集」は、〈紙を繰る音がきこえる/誰かが私を読んでいるのだ〉と始まる。詩集自らが、読まれることについて語っているのだ。〈広げられた見開きだけが「今」を生き〉〈灯火の下 文字たちは/煮え立つ料理のように香りたち〉やさしく音を響かせながら、読まれること(呼ばれること)によって生き始める詩集のいのち、読む人に滋味を与え、滋養となっていく文字たちの連なりそのものについて、想いを綴っていく。〈書いた人がいなくなってから/ほんとうの本の命は始まるのだが/無言でうずくまり続ける私の暗がりに/誰かが訪れて灯をともすことなどあるのだろうか〉詩集の中に眠る言葉が、心の暗がりに灯をともしてくれる・・・と考えることはしばしばある。道行きを照らしてくれる、と思うこともある。その逆の発想をしたことがなかった。読むことと読まれることが、相互補完的に互いを生かし合う。詩集たちへの深い愛が、逆照射する視座を上手に与えたのだろうか。

 

 一章の冒頭に置かれた「鹿鳴」は、〈嘘はその場で食べてしまえばおいしく終わるが/丹精して育てればこの世を豊かにする〉と、ユーモラスな箴言風に始まる。〈嘘はこの世に実在しない物体なので/柔らかさが夢と似ている〉と続く詩は、上手の詩論を歌っているといえるだろう。虚構、フィクションは、乱暴に扱えば破れたり壊れたりしてしまうような“なにか”を、自分で作りだし、心を込めて育てていくものなのだ。そうすべきもの、という厳しい規定ではなく、その場で〈食べて〉終わりにするのも“おいしい”けれど、丹精込めて育てて行けば、世の中を豊かにするもの。そして、上手は詩を〈嘘を植えても育たない砂漠というところへ/私はこれから行こうと思っている〉と締めくくる。詩の言葉、世の中を豊かにしてくれる美しいフィクションのタネを、砂漠に踏み入って蒔き育てていく行為。殺伐とした世の中に、上手は詩のタネ、詩の心を蒔きに行こうとしている。続いて置かれた「言葉のすみか」では、自分の口から生まれ、そこから旅立ってどこかに住みつく言葉の行く末に想いを馳せる。上手にとって言葉は、人から発するとしてもその後は独自の命を持ち、人の生から離れて生き続けるものなのだ。

 

 〈私がむかし愛したあらゆる人たちの顔が〉〈あなた〉となってうずくまっているのに出会ってしまう「帰宅途中」は、〈夕暮れが私に来た〉という印象的な書き出しも含めて、人生の夕暮れが訪れようとする時と二重写しになっている。〈そうして今日も 家にたどり着けない/夕暮れが私にやってくると/顔の見えない影と/ずっと話をし続けなくてはならない〉人間が、最後にほんとうに帰り着くべき家、とは、どこにあるのだろう。突然やってくる追憶に、そこに留まっていてはいけない、と諭しながら、上手は共に歩み始めるのだが・・・かといって、帰りつく家が明確に見えているわけでもない。この詩を読んで思い出した一節がある。私が愛読している伊東静雄の、〈鳥の飛翔の跡を天空(そら)にさがすな/夕陽と朝陽のなかに立ちどまるな/手にふるる野花はそれを摘み/花とみづからをささへつつ歩みを運べ/問ひはそのままに答へであり/堪える痛みもすでにひとつの睡眠(ねむり)だ〉だった。

 上手の詩集では、共に歩み続ける「帰宅途中」の次に、「どこにも行けないもの」という神話のような、昔話のようなファンタジックな佳品が置かれている。〈空が大地を生んだとき/高いところから落としたので/足がこわれてしまった〉それゆえ大地は、どこにも行けずにうずくまったまま。(リルケの『神様の話』の中で、天から制作途上で落とされてしまった人間のことを思い出したりもした。)そこで生まれ育った草木は、動けない大地に替わって(その憧れを代弁するかのように)天空へと伸び、鳥たちは空へと飛び立とうとする・・・そんなある日、大地から生まれた朝露(とはむろん、人間のことでもある)は、小鳥に〈空高く私を連れて行っておくれ/私もまた 空から生まれた者なのだから〉と頼む。あらゆる命は〈どこにも行けない大地の上に〉〈雪のように〉降りしきる他ないのだが・・・それを知っているからこそ、命を与えられたものは、天へと向かわずにはいられないのだ。自身の生まれ故郷を目指して。そしてそこが、恐らくほんとうに帰るべき家、なのだろう。

 

 対岸(彼岸、此岸)という空間性を重ねつつ、人と人との関りについて、その思いの疎通を隔てるなにか、を水の流れに仮託していく「向こう岸」、〈罪〉と〈罰〉の関係を、人と小犬の追いかけっこのようなユーモラスな情景に引き写してみる「罪のひとつも」など、易しく優しい言葉の中に、象徴性を潜ませる作品が上手には多い。〈本を閉じるとき〉と人生の終りとを重ねつつ、〈しおり紐の付いた本は/疲れたらどこでも休みなさいと/木陰をもつ森のようだ〉と優しく始まる表題作は、がむしゃらに生き抜くべきだ、というような前のめりの人生訓ではなく、〈自分の物語を読み終えたとき 生は閉じられる〉のだから、時々しおり紐を挟んで、休みたいときには休んでもいい。ゆっくり、自分のペースで人生を歩きとおせばいいんだよ、と自分や読者に呼びかける柔らかさを持っている。そして、いつか突然・・・しおり紐が挟まれたまま、その生を閉じる時が来ても、きっとまた、誰かがその生を開いて読むときが来る。その開かれた場所で、物語の綴り手の命がそのとき、束の間の生を得るのだ。

 

 日常の生活の中から生まれた詩情を丁寧に拾い上げていく二章の最後に置かれた、ファンタジーのような2篇「宛名は「あなた」」、「貴婦人」も印象深かった。想いを伝える先、想いを届ける相手、その〈あなた〉は、人生の折々に出会ったたくさんの“あなた方”の中に、現れては消える人、であり、いつか出会うことを切実に願いながら、決して果たせない誰か、であるのかもしれない。憧憬が文字となって〈あなた〉へと向かうとき、詩が生まれるのであれば・・・詩は辿り着き得ぬ誰かに向かって綴られ続ける文字、ではないのか。

 

 〈戦争に反対して詩人たちが集まって/いったい何ができただろう/言葉にわずかな命を吹き込むこと以外に――〉という感慨と共に社会的な視点を踏まえた作品を三章に置いているが、人を一樹になぞらえた「きのうの樹」、〈問いは答えを招き寄せようとして/違う新たな問いばかり集めてしまう〉と始まる「やり直し」、目に見えぬ〈あなた〉が、〈やさしい大工しごと〉のように心の〈歪み〉の整え方を教えてくれた、という「木づち」の、童話のような優しさと美しさが心に残った。詩集に付けられた真っ赤なしおり紐を、どこに挟み込もう・・・読み終えた今、しおり紐の「しまい方」が新たな問いを産んでいる。


[PR]
by yumiko_aoki_4649 | 2018-08-03 13:52 | 読書感想、書評、批評 | Comments(0)
line

詩や詩に関わるものごとなど。


by まりも
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite